コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイジョア フェイジョア Feijoa sellowiana; feijoa; pineapple guava

7件 の用語解説(フェイジョアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェイジョア
フェイジョア
Feijoa sellowiana; feijoa; pineapple guava

フトモモ科の常緑低木。ウルグアイパラグアイおよびブラジル南部に分布。高さ3~5mになる。果樹として栽培されるほか,花木として観賞されることもある。葉は5~7.5cm,卵状楕円形で対生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェイジョア(〈ラテン〉Feijoa)

フトモモ科の常緑低木。南ブラジル・パラグアイ原産。果実は秋に熟し、甘味が強く、強い芳香がある。生食およびジャムにする。スペインの博物学者J.Feijóの名にちなむ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フェイジョア

南米原産のフトモモ科常緑樹。高さ5mほど。葉は楕円形で光沢があり,裏は銀白色。花は杯状で内側が紫紅色を帯び,外側が白色,多数の紅色のおしべが目立ち美しい。果実は球形〜楕円形で甘ずっぱく芳香がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

フェイジョア

 [Feijoa sellowiana].テンニンカ目フトモモ科フェイジョア属の常緑低木で,果実を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フェイジョア【feijoa】

果実はパイナップルのような芳香があり,美味とされるフトモモ科の常緑低木で,4~6mの樹高となる。葉は卵形で対生し,花は直径約4cmで,花弁の外面は白,内側はばら色,多数の総状のおしべは紅色をおび,美しい。径5cmほどの球もしくは楕円形の果実は,頂部に萼片を残存させる。成熟すると果面は赤みを帯びた淡緑色となり,果肉は粘質かつ密であり,数十個の種子は小さく,口中にほとんど感じないし,甘みに富む魅力的な果物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フェイジョア【Feijoa】

フトモモ科の常緑低木。南アメリカ原産。葉は長楕円形で革質。花は外が白色、内が紫紅色の四弁花。雄しべは深紅色。果実は食用となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェイジョア
ふぇいじょあ
[学]Feijoa sellowiana Berg.

フトモモ科の常緑大低木。高さ4~5メートル。樹皮は細かくはげる。葉は対生し、卵状楕円(だえん)形または楕円形で長さ5~7センチメートル、ほぼ全縁である。厚い革質で表面は光沢があって濃緑色、裏面は白綿毛を密生する。6~7月、葉腋(ようえき)に径約4センチメートルの4弁花を開く。花弁は上に反り返ってボート形になり、やや肉質、外面は白色、内面は紫紅色を帯びる。雌しべ、および多数の雄しべは深紅色で美しい。果実は楕円形で長さ3~7センチメートル、灰緑色で赤みを帯び、10~11月に熟す。果肉は白色で柔らかく、パイナップルに似た香りと甘味があり、食用にする。
 ブラジル南部、パラグアイ、ウルグアイ原産で、日本には1931~32年(昭和6~7)ころ渡来した。関東地方南部以西の露地で育ち、土質はあまり選ばない。繁殖は実生(みしょう)、挿木、接木(つぎき)などによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェイジョアの関連キーワードヒソップアップルパイパイナップルフラワースナックパインパイナップル爆弾海のパイナップルDole パイナップルジュース100%なっぷるパイナップルジュースパイナップルの日

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェイジョアの関連情報