コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイジョア フェイジョアFeijoa sellowiana; feijoa; pineapple guava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェイジョア
Feijoa sellowiana; feijoa; pineapple guava

フトモモ科の常緑低木。ウルグアイパラグアイおよびブラジル南部に分布。高さ3~5mになる。果樹として栽培されるほか,花木として観賞されることもある。葉は5~7.5cm,卵状楕円形で対生する。葉の表面は革質で緑色,裏面は銀白色を呈する。新梢の葉腋に直径約 4cmの花を単生。花弁は4枚で外側が白く内側が紫紅色を帯び,内巻きに巻上がる。おしべは鮮紅色で黄色の葯 (やく) が目立ち,白い花弁との対比が美しい。花弁は肉厚で甘い香りを放ち,料理のつまなどに用いられることがある。果実は卵形または長楕円形で長さ5~10cm。果皮は濃緑色で,白粉におおわれる。果肉は甘く,白黄色のゼリー状。パイナップルバナナイチゴを合せた風味と表現される。生食されるほか,ジャムや果実酒などの原料にされる。マイナス 10℃に耐える耐寒性がある。日当りと水はけのよい環境が適している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フェイジョア(〈ラテン〉Feijoa)

フトモモ科の常緑低木。南ブラジル・パラグアイ原産。果実は秋に熟し、甘味が強く、強い芳香がある。生食およびジャムにする。スペインの博物学者J.Feijóの名にちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フェイジョア

南米原産のフトモモ科常緑樹。高さ5mほど。葉は楕円形で光沢があり,裏は銀白色。花は杯状で内側が紫紅色を帯び,外側が白色,多数の紅色のおしべが目立ち美しい。果実は球形〜楕円形で甘ずっぱく芳香がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェイジョア【feijoa】

果実はパイナップルのような芳香があり,美味とされるフトモモ科の常緑低木で,4~6mの樹高となる。葉は卵形で対生し,花は直径約4cmで,花弁の外面は白,内側はばら色,多数の総状のおしべは紅色をおび,美しい。径5cmほどの球もしくは楕円形の果実は,頂部に萼片を残存させる。成熟すると果面は赤みを帯びた淡緑色となり,果肉は粘質かつ密であり,数十個の種子は小さく,口中にほとんど感じないし,甘みに富む魅力的な果物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フェイジョア【Feijoa】

フトモモ科の常緑低木。南アメリカ原産。葉は長楕円形で革質。花は外が白色、内が紫紅色の四弁花。雄しべは深紅色。果実は食用となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェイジョア
ふぇいじょあ
[学]Feijoa sellowiana Berg.

フトモモ科の常緑大低木。高さ4~5メートル。樹皮は細かくはげる。葉は対生し、卵状楕円(だえん)形または楕円形で長さ5~7センチメートル、ほぼ全縁である。厚い革質で表面は光沢があって濃緑色、裏面は白綿毛を密生する。6~7月、葉腋(ようえき)に径約4センチメートルの4弁花を開く。花弁は上に反り返ってボート形になり、やや肉質、外面は白色、内面は紫紅色を帯びる。雌しべ、および多数の雄しべは深紅色で美しい。果実は楕円形で長さ3~7センチメートル、灰緑色で赤みを帯び、10~11月に熟す。果肉は白色で柔らかく、パイナップルに似た香りと甘味があり、食用にする。
 ブラジル南部、パラグアイ、ウルグアイ原産で、日本には1931~32年(昭和6~7)ころ渡来した。関東地方南部以西の露地で育ち、土質はあまり選ばない。繁殖は実生(みしょう)、挿木、接木(つぎき)などによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェイジョアの関連情報