コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェロー諸島 フェローしょとうFaeroe Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェロー諸島
フェローしょとう
Faeroe Islands

デンマーク語ではフェレールネ Færøerne。北大西洋アイスランド島とシェトランド島の間に浮かぶ島嶼。デンマーク王国内の自治領を形成し,首都トルスハウン。 21の火山諸島から構成され,うち4島は無人島。ストレメ島とエステレ島が最も大きい。港湾は温暖な北大西洋海流の影響で不凍。漁業,狩猟,ヒツジの飼育が盛ん。古代スカンジナビア人によって植民され,11世紀にキリスト教化。その後ノルウェーに支配され,1380年デンマークに統治権が移った。住民はノルウェーからの移住者の子孫。 1912年フェロー語の公的使用許可,1938年にはフェロー語のみによる教育が行なわれ,1948年に自治権を獲得。 1900年以降,牧羊を中心とする農業から漁業,特にタラ漁とその関連産業に重点をおいた近代的経済へと転換し,島の経済は急速に発展した。羊毛は直接輸出されるか,原毛として島内の家内織物工業へ供給される。デンマーク,アイスランド,そして夏季にはシェトランド島との間に定期船がある。ほとんどの住民はデンマーク国教教会に属するルター派キリスト教徒である。面積 1399km2。人口 4万8600(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フェロー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【フェロー諸島】

Faroe》大西洋、英国の北400キロメートルにあるデンマーク自治領。外交・防衛以外の内政分野で大幅な自治が認められており、EU欧州連合)には未加盟。牧羊・漁業が盛ん。人口5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フェローしょとう【フェロー諸島】

北大西洋、アイスランド島の南東方に位置する諸島。牧羊のほか、タラ・ニシンなどの漁業が盛ん。デンマーク領。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェロー諸島
ふぇろーしょとう
Faeroe Islands

北部大西洋上にあるデンマーク自治領の島々。イギリスとアイスランドの中間付近に位置する。デンマーク語名フェアエーアネ(フェレルネ)Frerne諸島。島民はフェロヤルFroyar島とよぶ。フェローは英語名。面積1399平方キロメートル、人口4万6996(2001)。18島からなり、1島を除き全島に人が住む。最大の島はストレイモイ島(373平方キロメートル)で、同島のトゥシュハウンThorshavn(人口1万8070。2001)が中心都市である。北方に位置するが、海流の影響で2月の平均気温は4℃であり、北欧のなかでもっとも冬季は温暖である。植生は草原が圧倒的。
 住民はノルウェーに発するバイキングの末裔(まつえい)で、言語は、北ゲルマン系、古ノルド語の特徴を保つ、アイルランド語に近似のフェロー語が用いられる。1380年のデンマーク・ノルウェー連合王国の成立以来、デンマークの支配下にあった。1849年以降デンマーク議会に代表を送り、1852年独自の議会をも有し、1948年自治権を得た。デンマークはEU(ヨーロッパ連合)加盟国だが、フェロー諸島は非加盟。[村井誠人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェロー諸島の関連キーワードズラタン イブラヒモヴィッチアイルランド(島)ハナジロカマイルカハイイロアザラシヒレナガゴンドウオーラフ(1世)トウシュハウンエストゥロイ島北欧閣僚理事会国際捕鯨委員会北方ゲルマン人グリーンランドストレイモイ島フェレルネ諸島ノルド諸言語ラーウィック北ヨーロッパボルウォイ島ノルウェー海キール条約

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェロー諸島の関連情報