コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォラン Follain, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォラン
Follain, Jean

[生]1903
[没]1971
フランスの詩人。詩集『大地の歌』 Chants terrestres (1937) ,『この世』 Ici-bas (41) がある。

フォラン
Forain, Jean-Louis

[生]1852.10.23. ランス
[没]1931.7.11. パリ
フランスの画家,イラストレーター。初めドガについて絵を学び,印象派の展覧会に出品したが,ゴヤのエッチングに関心を深め,またドーミエに共鳴して強烈な批評精神による風刺画を描いた。 1876年からエッチング,90年からはリトグラフにより,パリの市民生活を舞台にしてあらゆる人間を扱った。ドレフュス事件や戦争を画題にした政治的作品もある。代表作は第1次世界大戦を風刺した画集『マルヌからラインへ』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォラン
ふぉらん
Jean Follain
(1903―1971)

フランスの詩人。法律家として生涯を送るかたわら、故郷ノルマンディーと幼年期の記憶から着想した散文や不規則韻文のなかにひそかな韻律を忍ばせ、感情を排した日常生活や事物のさりげない描写を通じて、現実を夢と永遠に結び付ける作品を書いた。『詩の効用』(1943)、『生存する』(1947)、『与えられた物』(1952)、『領土』(1953)、『オブジェ』(1955)、『大地の装い』など多数の詩集がある。[田中淳一]
『窪田般彌訳『ジャン・フォラン』(『フランス現代詩二十九人集』所収・1984・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォランの関連キーワードオーフェルアイセル州フレフォラント州イラストレーターヘルデルラント州エミリー ルーロートレックレリスタットスホクラント8月29日アイセル湖モルバンルー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォランの関連情報