コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルクスビューネ フォルクスビューネVolksbühne

3件 の用語解説(フォルクスビューネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルクスビューネ
フォルクスビューネ
Volksbühne

民衆舞台。ドイツの観客組織。 1890年ブルーノ・ビレにより,安い料金ですぐれた演劇を勤労者階級に提供することを目的としてベルリンに結成された。一時分裂したが,その後再び合併し,1914年には専用の劇場を建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルクスビューネ
ふぉるくすびゅーね
Volksbhneドイツ語

労働者教育の一環として、働く人々が低料金で定期的に観劇できることを目的として設立されたドイツの観客動員組織。「民衆舞台」の意。社会主義労働運動と呼応して1890年にベルリンで自由民衆舞台(フライエ・フォルクスビューネFreie Volksbhne)が発足した。初めは日曜午後に既設の劇場を借りての自主上演だったが、1914年に会員の醵金(きょきん)によって自前の劇場をもつに至り、ピスカートルが主席演出家となって社会主義革命を呼びかける演劇の推進に努めた。33年ナチズムの台頭によって実質的に機能を停止、45年に組織が再興された。旧東ベルリンでは劇場が残ったが、観客組織は解消した。一方、旧西ベルリンでは63年に「自由民衆舞台」の自主経営による劇場が新たに開場した。
 1989年の東西ドイツ統一に伴うベルリンの壁の崩壊を機に、東西に分かれていたベルリンの演劇界は大きく変わり、東側の劇場は次々に西側(旧西ドイツ)の演劇に組み込まれていった。そのなかで、東ベルリンに根拠地をもっていたフォルクスビューネは、東西ドイツ統一後に東ドイツの人々の意識を代弁する作品を手がけることによって注目を浴びるようになった。一方、西ベルリンにあった「自由民衆舞台」はベルリン劇界の再編成の過程で自主上演する劇団を失い、劇場としての名を残すのみとなり、主としてミュージカル客演のために舞台を提供している。[宮下啓三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォルクスビューネの関連キーワードドイツ映画造船業エルトゥールル号の遭難事故カプリービ大不況長沢別天ラルヴィク岩ディトゥロ閃長岩ルジャヴル岩家資分散

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone