コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醵金 キョキン

デジタル大辞泉の解説

きょ‐きん【×醵金】

[名](スル)ある目的のために金を出し合うこと。また、その金。「被災者救援のために醵金する」
[補説]「拠金」とも当てて書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

醵金の関連キーワード虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸ミュラー(ドイツの政治家 Hermann Müller)国連難民高等弁務官事務所ヌビア(アフリカの地名)フォルクスビューネ太平洋問題調査会パスツール研究所お玉ヶ池種痘所アブ・シンベル国境なき医師団エルメレンス国連児童基金パスツール大槻俊斎浅川範彦種痘所伍崇曜青年団郷校

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android