コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルクスワーゲン フォルクスワーゲン Volkswagen AG

4件 の用語解説(フォルクスワーゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン
Volkswagen AG

ドイツの自動車メーカー。「国民に国民車 (フォルクスワーゲン) を」というアドルフヒトラーの構想によってフェルディナント・ポルシェが設計,1936年に試作車を完成。 1937年ナチスの労働戦線内につくられた組織がその前身で,のち国有の有限会社となり,第2次世界大戦中は軍需工場とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フォルクスワーゲン

世界3位の自動車メーカー。独アウディや伊ランボルギーニ、英ベントレーを傘下に抱え、2010年グループの販売台数は前年比13.7%増。13年に電気自動車の投入を計画中。

(2011-03-24 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フォルクスワーゲン(Volkswagen)

《国民車の意》ドイツに本社を置く欧州で最大の自動車メーカー。1937年にヒトラーの命令で設立、1960年、半官半民の会社に改組された。第二次大戦後に製造されたビートル(かぶと虫)で知られる。1988年、ドイツ連邦政府が保有株式を全て売却し、完全民営化した。傘下にアウディ・ベントレー・ブガッティ・ランボルギーニなどのブランドをもつ。VW(ファウベー)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルクスワーゲン
ふぉるくすわーげん
Volkswagen AG

ヨーロッパ最大の自動車メーカー。本社はドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ウォルフスブルク市にある。世界における乗用車販売シェアは10.3%で、ヨーロッパにおいて首位にある(2008)。
 1937年、ヒトラーの命令で一般大衆のための「快適で経済的な小型車」である「国民車」を生産する目的で設立された。国民車はKdF(カーデーエフ)ワーゲンKraft durch Freude Wagenと命名されF・ポルシェによって試作が進められた。しかし、第二次世界大戦中、工場は軍用車の生産に特化したため、国民車の生産は中止された。戦後になって、ポルシェの開発した独特な流線型のデザインである「ビートル」(カブトムシ)の生産が開始された。ビートルは世界中の大衆の支持を得て、1961年には年間生産台数が100万台を突破した。累積生産台数では、1965年1000万台、1972年には単一モデルでは最大の累積生産台数を誇ったフォード社のフォードT型車(T型フォード)の生産記録(1500万7033台)を破る快挙を成し遂げた。この間、同社は、1953年にブラジル、1964年にメキシコ等で海外現地生産を行い、ドイツ乗用車メーカーのなかではもっとも早く国際化戦略を展開してきたことで知られている。
 第二次世界大戦後、フォルクスワーゲンは、国有の有限会社として出発したが、1960年に株式会社に転換するとともに、政府所有株式の60%を公開した。残り40%は連邦政府と州政府がそれぞれ20%ずつ所有した(その後、1980年代にコール政権の「民営化」政策により、連邦政府所有分は売却)。1970年代の初め、ドイツ・マルクの切下げや中型車の失敗、さらに直接的には石油危機による世界同時不況により1975、1976年の2年間に10億マルクの損失を計上。そこで1974年ウォルフスブルクにおけるビートルの生産を中止した。だが、メキシコ、ブラジル工場ではそのままビートルの生産は続けられ、1981年にはビートルの累積生産台数は2000万台を突破した。1998年、ビートルのコンセプトを現代風にアレンジした「ニュー・ビートル」が発売され、注目を集めた。
 フォルクスワーゲンは、1970年代の石油危機以降、単一車種生産からの脱却を図ってきた。「ビートル」後の主力車種となった「ゴルフ」のほか、「パサート」「ポロ」などモデルを拡充するとともに、1980年代にはスペインのセアト社、1990年代に入ってチェコのシュコダ社をその傘下に収め、以前から子会社であったアウディとともに、今日ではフォルクスワーゲン(略称、VW)グループとして、VW、アウディ、セアト、シュコダ、VW商用車という5ブランド体制の下で組織・運営された。
 とりわけ、1990年代後半以降、グループとしての600万台体制の実現を目ざして、積極的な大規模投資を行った。とくにグループ内のアウディを高級車ブランドとして特化させ、その競争力を強化するために、最高級車メーカーであるイギリスのロールス・ロイス社やフランスのブガッティ社、さらにはスポーツカーのランボルギーニ社(イタリア)を相次いで買収するとともに、商用車部門の強化のためにスウェーデンの商用車メーカーであるスカニア社を買収し、総合自動車メーカーとしての発展を目ざしている。なお、ロールス・ロイス社については、2003年以降はBMW社が「ロールス・ロイス」の商標権を獲得し、VWは「ベントレー」ブランドのみの利用となる。
 1990年代に入ると、ヨーロッパ経済は不況に突入した。そのためVWも、1993年には同社創設以来最悪、19億マルクもの赤字を記録するところとなった。その後、業績は順調に回復し、1998年にはグループとして482万台(世界シェア11.4%)と1990年の305万台から1.6倍に生産台数を拡大した。その結果1998年の売上高は1342億マルク、税引き後利益も22億マルクでVW創設以来最高水準となった。
 日本では、1983年にVW100%出資の販売子会社「フォルクスワーゲン株式会社」を設立し、1996年(平成8)に「フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン」と改称、「ファーレン」「デュオ」という正規ディーラーを組織して、VW車とアウディ車の販売を行っている。1991年には、愛知県豊橋市に専用埠頭(ふとう)をもつ新車整備工場を設立し、国内の物流拠点とする一方、ここでディーラーのサービス技術員の研修等も行われている。[風間信隆]

その後の動き

2008年には世界21か国に61の生産拠点をもち、グループとして634万台を生産し、625万台を販売(世界シェア10.3%)した。2008年の売上高は1138億0800万ユーロ、税引き後利益46億8800万ユーロ。従業員数は2008年末時点で36万9928人。
 日本へは2005年(平成17)にフォルクスワーゲンブランド単独で累計100万台の輸出を達成した。また、2010年1月にはスズキの株式の約20%を取得、スズキとの提携を強化している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォルクスワーゲンの関連キーワード算盤を置く間を置く国民車手を置くタタモーターズミーレGfKフォルクスワーゲン[会社]アグファ・ゲバルト[会社]ドイツ国民車準備会社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォルクスワーゲンの関連情報