コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルクマン拘縮(阻血性拘縮) ふぉるくまんこうしゅくそけつせいこうしゅくVolkmann Contracture

家庭医学館の解説

ふぉるくまんこうしゅくそけつせいこうしゅく【フォルクマン拘縮(阻血性拘縮) Volkmann Contracture】

[どんな病気か]
 肘(ひじ)の周辺の脱臼(だっきゅう)や骨折などのあとに、内出血や圧迫などによって閉鎖された筋肉・神経・血管の組織(コンパートメント)の内圧が上昇し、循環不全(コンパートメント症候群(しょうこうぐん))がおこり、これによって筋肉の組織が死んだり(壊死(えし))、末梢神経(まっしょうしんけい)まひをきたし、肘から手にかけての拘縮、まひが生じる病気です。
 原因は、子どもでは上腕骨顆上骨折(じょうわんこつかじょうこっせつ)が多く、おとなでは前腕部圧挫傷(ぜんわんぶあつざしょう)(前腕部が強い力で挟まれたりしておこる)や前腕部骨折が多くなっています。
[症状]
 初めは肘や前腕が著しく腫(は)れて強く痛みます(急性期)。
 進行すると、橈骨動脈(とうこつどうみゃく)の脈拍(手首の脈)が触れなくなり、手指が白くなり、しびれて動かなくなります。
 慢性期になると、軽傷では、2~3本の指が曲がって伸びない状態となり、重症では、手指すべてがワシの爪(つめ)のように変形して、しびれなどの知覚障害が残ります。
[検査と診断]
 急性期の症状がみられたら、筋肉・神経・血管組織のコンパートメント内圧をはかります。内圧が高ければ、コンパートメント症候群と診断し、フォルクマン拘縮になると判定します。
[治療]
 急性期では、まず骨折や脱臼の牽引整復(けんいんせいふく)を行ないます。それでも痛みと腫れがひどく、脈が触れないなど、症状が改善しなければ、できるだけ早く(発症後12時間以内)に、筋肉神経が循環障害をおこすのを防ぐため、前腕部の皮膚、筋膜まで切開し、筋肉内の圧力を下げます。
 慢性期になり、すでに筋肉が壊死して、手指の変形が完成している場合は、筋肉や神経の癒着(ゆちゃく)をとったうえで、変形状態に応じた矯正手術(きょうせいしゅじゅつ)を行ないます。
 フォルクマン拘縮は、いったんおこってしまうと治療はむずかしく、もとどおりには治りません。早期に適切な治療を受ける必要があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

フォルクマン拘縮(阻血性拘縮)の関連キーワード手や手指の変形

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android