コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上腕骨骨折 じょうわんこつこっせつ Fracture of Humerus

2件 の用語解説(上腕骨骨折の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょうわんこつこっせつ【上腕骨骨折 Fracture of Humerus】

[どんな病気か]
 転倒の際、手や肘(ひじ)をついたときによく発生します。骨幹部の骨折は青壮年に多く、上腕顆上骨折(じょうわんかじょうこっせつ)は小児に多くみられます。肘部(ちゅうぶ)外傷を負ったときは、小児でも上腕骨外顆骨折(がいかこっせつ)がおこります。
 外顆頸骨折は、肩関節部に近いところに外側から強い外力が加わっておこります(「治療」は「◎骨折の症状」参照)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上腕骨骨折
じょうわんこつこっせつ

上腕骨の骨折は多くみられる骨折の一つで、骨幹部、上端(近位部)、下端(遠位部)の骨折に分けられる。
 上腕骨骨幹部骨折は、直達外力によるものと介達外力によるものとがある。投球動作や腕相撲(うでずもう)などでみられるものは、筋力によるものである。直達外力によるものでは横骨折、介達外力によるものでは斜骨折が多く、完全骨折で転位が著明であることが多い。順調に経過すれば6~8週ぐらいで骨癒合がおこるが、横骨折では骨折面が狭いので遷延治癒や偽関節になりやすい。また、骨片や骨欠損、開放骨折、感染などが骨癒合を遅らせる原因となる。ただちに整復して固定しなければならない。牽引(けんいん)療法も行われ、観血的整復後固定術が必要となる場合が多い。なお、上腕骨骨幹部に接して斜めに橈骨(とうこつ)神経が走っているので、橈骨神経麻痺(まひ)を合併することがある。
 上腕骨上端骨折としては上腕骨外科頸(けい)骨折がしばしばみられる。上腕骨骨頭が体部に移行する境界部で骨折がよくみられるため、解剖頸(解剖学的頸部)に対してこの部分を外科頸とよんでいる。老人に多く、手掌または肘(ひじ)をついて倒れたときにおこりやすい。牽引療法、ギプス固定が行われる。ギプス固定としては、上腕骨中央部から肘の屈曲位で前腕までギプス包帯を巻き、それを首からつるす懸垂ギプス包帯法がしばしば用いられる。整復状態が悪いときは、観血的手術が必要である。肩関節の運動障害を残すことが少なくない。
 上腕骨下端骨折は、下端の上腕骨顆(か)部にみられる骨折で、小児に多い。もっともしばしばみられるのは上腕骨顆上骨折であり、そのほか外顆骨折、内顆または内上顆骨折などがある。上腕骨顆上骨折は、小児が手をついて倒れ肘(ちゅう)関節部を傷めたとき、まずこの骨折が考えられるくらいに多い骨折で、肘関節部が腫脹(しゅちょう)して変形するので脱臼(だっきゅう)のようにみえる。X線検査が診断上、重要である。全身麻酔のうえ整復して固定する。牽引療法もしばしば行われる。完全に整復されないと内反肘(ないはんちゅう)(上腕軸と前腕軸が肘関節で一直線にならず、前腕が内方に屈曲した状態)の変形を残すので、観血的整復を必要とすることもある。3~4週で骨癒合するが、治療中に骨化性筋炎、阻血(そけつ)性拘縮など重い合併症をおこすことがあるので、十分な注意が必要である。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上腕骨骨折の関連キーワード主客転倒何心地何なり不死身プリマドンナ病は気からどんどん橋パードンマドンナデッリドリス教会リーシュコード

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone