コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォロロマーノ Foro Romano

デジタル大辞泉の解説

フォロ‐ロマーノ(Foro Romano)

イタリアの首都ローマの中心部にある古代ローマ時代の遺跡。カンピドリオの丘パラティーノの丘の間に位置する。紀元前6世紀から紀元3世紀まで、古代ローマの政治・経済・商業の中心地として栄えた。元老院が置かれたクーリア、セベルス帝の凱旋門、バシリカユリア(ユリウスのバシリカ)、サトゥルヌスの神殿、ウェスタの神殿など、修復・再建されたものも含め多数の遺跡がある。1980年、「ローマ歴史地区、教皇領とサンパオロフォーリ‐レ‐ムーラ大聖堂」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フォロ・ロマーノ

フォルム・ロマヌム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォロ・ロマーノ
ふぉろろまーの
Foro Romano

イタリアの首都ローマに残る古代ローマの中心地の遺跡。カンピドリオの丘とパラティーノの丘の間にある低地で、古代ローマ1000年の歴史を通じて政治、司法、宗教、商業の中心地であった。入口の右手に紀元前179年建築のバシリカ・エミリアがあり、ここは金融施設であった。その奥に元老院のあったクーリアがあり、その左に紀元後203年建築のセウェルス帝の凱旋(がいせん)門(アルコ・ディ・セッティミオ・セベロ)、さらに左に古代ローマの演壇ロストラがある。そのロストラの左に、カンピドリオの丘にあったジュピターの神殿まで通じる聖なる道(ビア・サクラ)がある。聖なる道の反対側に前497年に建てられたローマの農業神を祭ったサトゥールノ神殿がある。また聖なる道に沿ってバシリカ・ユリア(シーザーのバシリカ)の礎石が残っているが、この建物は最初カエサル(シーザー)が前46年に建てたものである。この東にある円柱は紀元後608年建築のコロンナ・ディ・フォカで、フォロ・ロマーノ最後の建造物である。なお、この遺跡のあるローマ歴史地区は教皇領、サンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ教会とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[藤澤房俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフォロロマーノの言及

【フォルム・ロマヌム】より

…古代ローマの都にあった公共広場(フォルム)。イタリア語ではフォロ・ロマーノForo Romano。前7世紀カピトリヌス,パラティヌス,クイリナリス,エスクイリヌスの四つの丘に囲まれた低地を整備して広場の形にしたもの。…

※「フォロロマーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォロロマーノの関連キーワードローマ歴史地区、教皇領とサンローマのパンテオンフォルム・ロマヌムカンピドリオ広場フォロロマーノチルコマッシモローマ(市)ベネチア広場フォルム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android