コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォン族 フォンぞく Fon

2件 の用語解説(フォン族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォン族
フォンぞく
Fon

ダオメー族 Dahomeyともいう。ベナン (旧ダオメー) の南部およびナイジェリアの住民。言語はニジェールコンゴ語派のクワ諸語に属する。人口約 300万と推定される。経済は伝統的に農業に依存し,とうもろこし,キャッサバ,ヤムいもなどを主食とし,油やしがおもな換金作物である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォンぞく【フォン族 Fon】

西アフリカ,ベニン人民共和国の南部に居住する部族。人口約100万で,国の政治,経済,行政をリードする支配的な部族である。フォン語エウェ語の方言で,言語の系統では,ヨルバ語アカン語などと同じクワ語群に属する。フォン族は17世紀前半に内陸のアボメーを中心にアボメー王国を形成し,それがのちにダホメー王国に発展したことで知られている。生業は,ヤムイモ,雑穀,トウモロコシ,キャッサバなどの作物を栽培する農業である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフォン族の言及

【太陽】より

… 日食や月食が,太陽や月が病気になったり,気絶したり,死んだために生ずるという民族は,スマトラのミナンカバウ族,アフリカのコイ・コイン,南アメリカのアラチカノ族などの例がある。日食や月食を夫婦関係で説明する例は,太平洋のタヒチ諸島,ドイツのオーバーファルツの農民などにあるが,西アフリカのフォン族もその一つである。フォン神話によれば,原母ナナ・ブルクはマウとリサの双生子を生んだ。…

【ブードゥー】より

…ハイチにみられる民間信仰で,キューバのサンテリーアやブラジルのマクンバ,カンドンブレとともに,アフリカの原始宗教とカトリックとが混交した宗教。フランスの植民地時代に西アフリカのダホメー(現,ベニン)から奴隷としてキューバに連れて来られたフォン族がもたらしたものであるが,彼らはその後支配者の強制するキリスト教と父祖伝来のブードゥー教とを巧みに融和させ,これを部族宗教から民族宗教に発展させた。1791年の奴隷反乱の際ブードゥーは黒人たちを決起させ,6年後世界で初めて黒人共和国ハイチが成立した。…

※「フォン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォン族の関連キーワードガボローネナイジェリアナミビアベナンヨルバ族ベニン南アフリカSWAPOクルディスターン人民共和国南イエメン人民共和国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone