フクジュソウ(読み)ふくじゅそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクジュソウ
ふくじゅそう / 福寿草
[学] Adonis amurensisRegel et Radd.

キンポウゲ科(APG分類:キンポウゲ科)の多年草。多数の堅い根をもつ短い根茎から数個の花茎を出す。花茎は初め短く、包葉状の葉に包まれて先端に1花をつけるが、やがて伸びて細裂した3回羽状複葉を互生し、30センチメートル以上になる。花は光沢のある黄色で径3~5センチメートル、花弁は多く、日が当たると開く。雄しべ、雌しべとも多数で、花期後、金平糖のような集合果ができる。日本から朝鮮半島、シベリアに分布する。日本では本州中部以北、北海道に多く自生する。寒さに強く、自生地では山の北東斜面の落葉樹林に多く、南西面には夏の暑さと乾燥のためかみられない。

 日本のフクジュソウ属は4種あるとされ、A. amurensisはキタミフクジュソウである。フクジュソウA. ramosaは日本の固有種である。ほかにミチノクフクジュソウとシコクフクジュソウがある。花形や花色に個体変異が多く、弁先が裂けたナデシコ咲きや、紅色花の品種もある。

 庭では夏に日陰となる落葉樹の下に植え、腐葉土や堆肥(たいひ)を十分施して、肥培するとよい。年の瀬に鉢植えで売られるものは即席植えのため、そのままではよく育たないので、花期後、庭に植え替えをする必要がある。

 近年、学名のアドニスAdonisの名で栽培されるのは、近縁の別種でヨーロッパ産のナツザキフクジュソウA. aestivalis L.である。秋播(ま)きの一年草で、5月に緋赤(ひせき)色花をつける。

[鳥居恒夫 2020年3月18日]

文化史

フクジュソウを元旦(がんたん)に飾る風習は江戸初期からあり、『毛吹草(けふきぐさ)』(1645)には福寿草とともに元日草の名がみえる。日本最初の園芸書『花壇綱目(かだんこうもく)』(1681)ではいちばん初めに解説されている。『立花大全(りっかたいぜん)』(1683)は室(むろ)咲きの花で扱い、当時すでに促成栽培で観賞されていたことがわかる。『花壇地錦抄(かだんちきんしょう)』(1695)には祝儀の花の記述があり、白福寿草の名もあげられている。『花壇地錦抄附録』には浅黄福寿草(二重大輪、うち黄)、八重福寿草の品種の記載がある。江戸後期には流行し、品種改良が進み、『本草要正(ほんぞうようしょう)』(1812)には紅花、白花、八重咲き、段咲き、大輪、細咲き、希(まれ)咲き、青軸打抜(あおじくうちぬ)き、絞り、変化、瞿麦(なでしこ)咲き、葉替(はがわ)り、奇品に分類した126もの品種がある。

[湯浅浩史 2020年3月18日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例