コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロアリクイ フクロアリクイMyrmecobius fasciatus; numbat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクロアリクイ
Myrmecobius fasciatus; numbat

有袋目フクロアリクイ科。体長 23cm,尾長 17cm内外。口先が突き出し,長い舌をもっている。体は黄褐色で,背に白い横縞がある。昼行性。倒木などを前肢を使ってこわし,中にいるアリやシロアリを長い舌でなめとる。1回に4子ほどを産む。育児嚢の発達は悪く,袋にならない。オーストラリア南西部のシロアリが多いユーカリの森林にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロアリクイ
ふくろありくい / 袋蟻食
banded anteaternumbat
[学]Myrmecobius fasciatus

哺乳(ほにゅう)綱有袋目フクロネコ科の動物。オーストラリア南西部に分布する。頭胴長22~24センチメートル、尾長16~18センチメートル、体重275~450グラム。体形はリスにやや似ているが、吻(ふん)は長くとがり、舌は普通のアリクイと同じように細長く、ミミズ状で長さ10センチメートルぐらい、口の外へ出すことができる。後足の第1指を欠く。体毛は短く粗く、体色は赤みがかった栗(くり)色で、体の後部にいくにつれて暗色となる。背の部分に白い横縞(よこじま)があり、目に黒い筋(すじ)がある。歯は小さくて虫食に適し、52本ある。雌の腹部には育児嚢(のう)があるが、発達は悪くあまりはっきりしない。乳頭は4個ある。ユーカリの森林に単独ですみ、朽ち木のうろや割れ目などに木の葉や草で巣をつくる。主食はシロアリで、長い舌を出し入れしながらなめ取る。普通1産4子で、生まれたばかりの子の目は閉じ、毛も生えていない。飼育はたいへんむずかしく、野生のときと同じような餌(えさ)を与えてもあまり長生きしない。ユーカリの林の開発と、移入されたキツネ、ネコ、イヌなどにより捕食されたために減ったので、保護されている。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フクロアリクイの関連キーワードフクロアリクイ(袋蟻喰)適応放散袋蟻食有袋類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android