コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロノリ(袋海苔) フクロノリColpomenia sinuosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクロノリ(袋海苔)
フクロノリ
Colpomenia sinuosa

褐藻類ハバモドキ目カヤモノリ科の海藻。潮間帯下部の岩上に群落をつくったり,ホンダワラ類の藻体などに着生する。しばしば同科のカゴメノリと混生するが,本種は膜質でなめらかな袋状であるのに対して,後者は大小の穴をもっているので区別できる。北海道,本州,九州,四国沿岸に産し,そのほか世界に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フクロノリ【フクロノリ(袋海苔) oyster thief】

世界各地の沿岸の潮間帯の岩上またはホンダワラ類など他の海藻の体上について生育する,球形,囊状の褐藻綱カヤモノリ科の海藻(イラスト)。冬から初夏にかけてよく生育し,大きいものは直径が10cm以上にもなる。初夏に形成・放出された雌雄の配偶子は接合すると微小な盤状の胞子体に生長し,これで夏を越す。秋に胞子体は遊走子を形成・放出し,これが発芽するとふつうに見るフクロノリの体になる。すなわち,大型の配偶体と小型の胞子体の間で世代交代が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android