コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロノリ

2件 の用語解説(フクロノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

フクロノリ

からだは膜質で中空の袋状で,表面は波打ち,シュークリームのような不定型の球形を呈する。直径20cm程度まで生長する。地域によっては海底を覆うほどに群生する事がある手触りはやや硬いが,もろく,力を加えると簡単に裂ける。生体は褐色。押し葉標本は台紙に付きにくい。形態的にはネバリモやカゴメノリに似るが,ネバリモは潰すと内部が粘質であり,カゴメノリは体に大小の穴が多数空いていることなどから区別がつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロノリ
ふくろのり
[学]Colponemia sinuosa Derbes et Solier

褐藻植物、カヤモノリ科の海藻。黄褐色を呈し、中空の球形に近い袋形、あるいは球形が破れて凸凹の不定形となるなど、変形の多い海藻。径4~15センチメートル。外海の浅所に群生し、周年生育するが、春から夏にかけて繁茂する。日本各地に分布。フクロノリによく似た種にネバリモLeathesia difformisがあるがこの種は中空でない点、粘り気がある点などから区別される。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクロノリの関連キーワード異翅類網みどろ鼈茸中空蔓藻波打ち際撚翅ネギホソメコンブマコンブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フクロノリの関連情報