コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ(弗)素樹脂 ふっそじゅし

百科事典マイペディアの解説

フッ(弗)素樹脂【ふっそじゅし】

ポリエチレンの水素の一部または全部をフッ素でおきかえた樹脂の総称。代表的なものとして,クロロトリフルオロエチレンCF2=CFClまたはテトラフルオロエチレンCF2=CF2を重合させて得られる樹脂がある。耐薬品性がすぐれ,特に耐フッ酸性は全材料中比類がない。耐熱性は後者で−250〜260℃,前者で−200〜200℃ときわめてすぐれ,誘電率,摩擦係数もきわめて低く,放射線に対しても著しく安定。フッ化物処理容器,ガスケットパッキング,電気絶縁材料,フライパンのライニングなどに利用。ポリテトラフルオロエチレン(四フッ化樹脂。テフロンはこの樹脂のデュポン社の商品名)の成形加工の困難さを改良したのが四フッ化エチレン・六フッ化プロピレン共重合体のテフロンFEPで,射出成形や押し出し成形が可能となり,医用材料として人工血管や人工心臓などにも利用。また,スルホン酸基をもつフッ素樹脂は耐食性のすぐれたイオン交換膜として,フッ化ビニリデンとヘキサフルオロプロピレンの共重合体は耐薬品性の強い合成ゴムとして用いられる。
→関連項目熱可塑性樹脂有機塩素化合物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android