コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナ(鮒) フナ

2件 の用語解説(フナ(鮒)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フナ(鮒)【フナ】

コイ科の魚。コイに似るが口ひげのない点で区別される。背面は緑褐〜灰褐色。腹面は淡い。体長20〜40cm。アジアの温帯部に広く分布し,山間の渓流部を除く河川や湖沼にすむ。
→関連項目コイ(鯉)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フナ【フナ(鮒)】

コイ目コイ科フナ属の淡水魚の総称。アジア系のフナCarassius auratus(飼育品種のキンギョを含む)とヨーロッパ産のヨーロッパフナC.carasius(英名crucian carp)の2種に大別される。アジア系のフナは変異が多く数亜種に細分されるが,その分類については研究者の間で必ずしも見解が一致していない。(1)ギンブナ(銀鮒)C.a.langsdorfiイラスト)は一般にマブナ(真鮒)と呼ぶ地方が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフナ(鮒)の言及

【さんばい】より

…また田植が終わるとサンバイアゲを行い,サンバイを昇天させる。しかし一方では,水口のフナやメダカをサンバイの使い,イナゴを稲霊の化身として田植の後にとるのを禁ずる習俗もみられた。田の神【大島 暁雄】。…

※「フナ(鮒)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone