コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フミン humin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フミン
humin

一般に土壌から腐植を分離する際,アルカリ性の溶剤に浸出されないで残る有機質画分をいう。腐植 (フムス,または腐植質) とは,植物の枯死体を主体とした好気性細菌などによって分解されて生じた産物のことで,アルカリ可溶部分はフミン酸およびフルボ酸画分である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

フミン

(1) 蛋白質加水分解するときに生じる黒色不溶物.(2) 土壌や石炭などに含まれる動植物が分解してできた黒褐色の有機質を腐植(humus)といい,そのうちの溶剤によって浸出されずに残留する部分[長倉ほか : 1998].⇒アルミン

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

フミン

 フミン質ともいう.糖を含むタンパク質の試料を加水分解したときに生成する黒褐色の物質.また,土壌の中で葉が腐朽したときに生成する黒褐色の物質もいう.後者はリグニンなどのフェノール性化合物が主成分とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

フミンの関連キーワードOra2 ステインクリア ペーストドップレライトトリハロメタンコイワシクジラニトロフミン酸腐植酸系肥料クロロホルム腐植栄養湖溶存有機物うどんこ病腐植酸褐炭水色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android