フラビン

化学辞典 第2版「フラビン」の解説

フラビン
フラビン
flavin

】フラボキノン構造を有する黄色化合物の総称.リボフラビンと同義に使われることが多い.[別用語参照]フラビンタンパク質】アメリカ産Quercus tinctoria L.および同種の植物の樹皮,あるいはそのエキスをいい,クエルシトリンやクエルセチンを含む.[CAS 83-88-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「フラビン」の解説

フラビン

〘名〙 (flavin) 生物体に広範に存在する蛍光を示す黄色の色素。バクテリア、牛乳・卵白などに含まれ、呼吸酵素に関係を持つ。
※小学生徒改良衣服裁縫伝授(1886)〈松平幾子・久永兼蔵〉「黄は第一塩化錫の溶液を以て下染をなしフラビンか又はクエルシトロンの煎じ汁を以て染め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android