コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランツ・ヨーゼフ1世 フランツ・ヨーゼフいっせいFranz Joseph I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランツ・ヨーゼフ1世
フランツ・ヨーゼフいっせい
Franz Joseph I

[生]1830.8.18. ウィーン近郊シェーンブルン宮
[没]1916.11.21. ウィーン近郊シェーンブルン宮
オーストリア皇帝 (在位 1848~1916) ,ハンガリー王 (在位 1867~1916) 。 1848年の革命の終末に,伯父フェルディナント1世の退位後即位。新首相に任命されていた F.シュワルツェンベルクとともに,ハンガリーに対する支配権を確実なものとするために,ロシアの援助を受け,49年ハンガリーの反乱を鎮圧。 66年プロシア=オーストリア戦争に敗れたため,ドイツの指導的勢力であろうとするオーストリアは,ドイツから最終的に除外されることになり,ドイツにおける指導的な役割はプロシアがになうことになった。 67年ハンガリー人との間に「和協」 Ausgleichがなり,オーストリア=ハンガリー二重帝国を編成したが,オーストリアは2つの部分から成り立つことになり,和協は帝国内の障害となった。 71年ドイツ帝国成立後はビスマルクの外交政策と提携したが,ベルリン会議以後バルカンをめぐってロシアと対立し,1908年ボスニア=ヘルツェゴビナを併合した。家庭的にはきわめて不幸で,メキシコ皇帝であった弟のマクシミリアンはメキシコ人に銃殺され,一人息子の皇太子ルドルフは自殺,皇后エリザベートはスイスで無政府主義者に暗殺され,さらにルドルフの死後皇太子となった甥のフランツ・フェルディナントサラエボで暗殺され (→サラエボ事件 ) ,それが第1次世界大戦のきっかけとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

フランツ・ヨーゼフ1世
Franz Joseph Ⅰ


1830 - 1916
オーストリア国籍。
元・オーストリア皇帝。
在位1849〜1916年。ドイツの3月革命期に即位し、1849年以後イタリアやハンガリーの独立運動を鎮圧し、絶対主義的再編成を強行した。1867年スラブ諸民族の連邦化への期待を裏切ってオーストリア・ハンガリー二重帝国を成立させ、ハンガリー国王に即位。以後ビスマルク外交のもとで1873年三帝同盟、1882年三国同盟を結び、ドイツ帝国と強調したので、国内外のスラブ民族主義との対立を深め、’08年サライエボ事件を誘発し、この事件で甥の皇太子フランツ・フェルディナントを失った。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

フランツ・ヨーゼフ1世

生年月日:1830年8月18日
オーストリア皇帝(在位1848〜1916)。実質的なオーストリア帝国最後の皇帝
1916年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

フランツ・ヨーゼフ1世の関連キーワードオーストリア=ハンガリー帝国ウィーン・フォルクスオーパーフランツ・フェルディナント第一次世界大戦史(年表)カイザーシュマーレンホテル・インペリアルウィーン美術史博物館フランツヨシフ諸島ビラフランカの和議ビラフランカの講和ハプスブルク家カイザービラカールノキー皇帝円舞曲生年月日ターフェ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android