コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリート街 フリートガイ

3件 の用語解説(フリート街の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フリート‐がい【フリート街】

Fleet Street》⇒フリートストリート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フリートがい【フリート街 Fleet Street】

イギリス,ロンドン中心部の通りの名称。テンプル・バーからラドゲート・サーカスまで,ホーボーン通りとビクトリア・エンバンクメントの中間を両通りと並行して東西に走る。《タイムズ》をはじめとするイギリスの主要新聞社,地方紙や外国の新聞社の支局などが密集していることで知られ,〈フリート街〉という名称は〈新聞界〉ないしジャーナリズム代名詞となっていたが,1980年代後半にテムズ川北岸のワッピングWappingに《タイムズ》などが移転し,この地区が新聞界の中心になりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリート街
ふりーとがい
Fleet Street

イギリスの首都ロンドンの新聞街。印刷の歴史と同じ古さをもつといわれ、イギリスの中央紙、地方紙のほとんどがこの一帯に本社・支社を構えている。シティの西端にあり、街路名は、暗渠(あんきょ)化しているがいまもこの地区を流れるフリート川に由来する。17世紀当時の居酒屋、教会などの古い建物も残り、一番地のチャイルド銀行はロンドン最古の銀行を自称する。[井内 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリート街の関連キーワードイギリス経験論ロンドン会議ウエストエンド倫敦イギリス巻ベーズウオーターロンドン軍縮会議イギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリート街の関連情報