コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フールマノフ フールマノフFurmanov, Dmitrii Andreevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フールマノフ
Furmanov, Dmitrii Andreevich

[生]1891.11.7. コストロマ
[没]1926.3.15. モスクワ
ソ連の作家。農民出身で,モスクワ大学在学中に志願兵として戦線におもむいた。 1919年から第 25チャパーエフ師団の軍事委員。そのときの体験をもとに小説『チャパーエフ』 Chapaev (1923) を執筆,これは 34年に映画化された。その後ラップ (ロシア・プロレタリア作家連盟) のモスクワ支部を指導。ほかに『18年に』V vosemnadtsatom godu (23) ,『反乱』 Myatezh (25) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フールマノフ

ロシア(ソ連)の作家。農民出身で,国内戦時チャパーエフ師団の政治委員となり,記録文学的な長編《チャパーエフ》(1923年)でソビエト文学の成立に寄与した。他に長編《反乱》(1925年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フールマノフ【Dmitrii Andreevich Furmanov】

1891‐1926
ソ連邦の作家。1912年から14年までモスクワ大学に学び中退するが,再入学し24年に卒業。学生時代から社会主義に親しみ,1918年に共産党に入党。十月革命後の国内戦時にはチャパーエフ師団などの政治委員をつとめる。その経験にもとづき,中編《赤軍上陸隊》(1922)ほか数多くのルポルタージュを書き,長編《チャパーエフ》(1923)で圧倒的な成功を収めた。かつては皇帝の軍隊の一兵卒でありながら,赤軍の伝説的英雄となった司令官を主人公に,赤軍や白衛軍の戦闘命令や記録文書をふんだんに引用して,国内戦の歴史を正確に記した《チャパーエフ》は初期ソ連文学の傑作とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フールマノフ
ふーるまのふ
Дмитрий Андреевич Фурманов Dmitriy Andreevich Furmanov
(1891―1926)

ソ連の小説家。コストロマ県(ロシア連邦コストロマ州)の農民の出身。実業学校、モスクワ大学文学部に学ぶ。1918年入党、地方の党活動ののち19年から国内戦の伝説的な英雄チャパーエフ麾下(きか)の部隊などで政治委員として活躍、その体験をもとに記録文学的な手法で書き上げた長編『チャパーエフ』(1923)が初期ソビエト文学の傑作として広範な読者に迎えられた。民衆肌の司令官の豪放さと、作者の分身である党政治委員の緻密(ちみつ)な組織者的役割とを対比させ、農民パルチザン兵と労働者部隊の気質の差をリアルに描き分けながら、革命戦のロマンチシズムを歌い上げた手並みは非凡である。これはワシーリエフ兄弟によって映画化され、ソビエト映画史に残る傑作となった。ほかにトルキスタンの国内戦を描いた長編『反乱』(1925)があり、ラップ・モスクワ支部長などとして文学運動でも指導的役割を果たした。[江川 卓]
『名越民樹訳『チャパーエフ』全2巻(1968・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フールマノフの関連キーワードロマンチシズム吉原 武安11月7日吉原武安

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android