コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブカレスト条約 ブカレストじょうやくTreaties of Bucharest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブカレスト条約
ブカレストじょうやく
Treaties of Bucharest

ルーマニアのブカレストで結ばれた次の4つの国際条約をさす。
(1) 露土戦争 (1806~12) 後,1812年5月 28日締結された条約。この結果ロシアはモルドバ,ワラキア両公国から撤退したが,オスマン帝国よりベッサラビア地方の領有権を獲得した。 (2) セルビアブルガリア戦争 (1885.11.13.~86.1.7.) 後,1886年3月3日締結された両国平和条約。

(3) 第2次バルカン戦争 (1913.6.29.~7.30.) 後,ブルガリアとセルビア,ギリシア,ルーマニア,モンテネグロ,トルコ間で 1913年8月 10日締結された条約。この結果ルーマニアはドブルジャ地方北部を領有,セルビア,ギリシアがマケドニアに進出した。

(4) 1918年5月7日締結されたルーマニアと第1次世界大戦同盟国側との講和条約。これによりブルガリアはルーマニアからドブルジャ地方を,オーストリアはカルパチア山道をそれぞれ獲得,ドイツは油田を租借 (90年期限) したが,同盟国側敗北のため,同年 11月8日破棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブカレスト条約
ぶかれすとじょうやく

ルーマニアの首都ブカレストBucharestで結ばれた諸条約。(1)1812年5月28日の条約 ナポレオン1世の後押しを受けたオスマン・トルコ帝国に対してロシアが、ルーマニア系二公国の支配権をめぐり1806年に宣戦した。対仏連合を重視するイギリスの仲介により講和が成立。ロシアは二公国支配を断念するかわりにベッサラビアを獲得した。(2)1886年3月3日の条約 ブルガリアの東ルーメリア併合に刺激されたセルビア国王ミランが1885年11月にブルガリアに宣戦したが、1週間のうちに敗北。オーストリアがブルガリア軍の反撃に警告を発して休戦が成立した。(3)1913年8月10日の条約 同年5月に第一次バルカン戦争を終結するロンドン条約が結ばれたが、その結果に不満なブルガリアが6月にセルビア、ギリシアを攻撃し、第二次バルカン戦争が始まった。ルーマニア、トルコもセルビア側にたって参戦。敗北したブルガリアは、ルーマニアに南ドブルジアを、トルコに東トラキアの一部を新たに奪われた。(4)1918年5月7日の条約 第一次世界大戦において、1916年10月に連合国側にたって参戦したルーマニアは、戦闘に敗れ、中央同盟側と単独講和を結んだ。[木戸 蓊]
『木戸蓊著『バルカン現代史』(1977・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブカレスト条約の関連キーワードセルビア=ブルガリア戦争東欧史(年表)プロブディフモルドバ公国モンテネグロマケドニアシリストラ東ルメリアドブリッチカルジャリルメリア