コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブジュンブラ ブジュンブラ Bujumbura

6件 の用語解説(ブジュンブラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブジュンブラ
ブジュンブラ
Bujumbura

ブルンジの首都。旧称ウスンブラ Usumbura (1962年まで) 。同国西部,タンガニーカ湖北東岸に位置。ドイツ領時代に軍の駐屯地として建設され,政治,産業,交通の中心地として発達。ベルギーの国際連盟委任統治ルアンダウルンディの首都であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブジュンブラ(Bujumbura)

ブルンジ共和国の首都。旧称ウスンブラ。同国西部、タンガニーカ湖の北東岸に面し、港をもつ。コーヒー、綿花などを産出。19世紀末にドイツ領東アフリカの駐屯地として建設。人口、行政区24万(1990)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブジュンブラ

ブルンジの首都。ベルギー領時代はウスンブラと呼ばれた。同国西部,タンガニーカ湖の北東端,標高730mの地にある。港があり同国の貿易,商工業の中心。1899年ドイツ軍の駐留地となり,第1次大戦後ベルギー委任統治領ルアンダ・ウルンディの総督府がおかれ,1962年独立とともに首都となった。
→関連項目ブルンジ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブジュンブラ【Bujumbura】

アフリカ中央部,内陸のブルンジ共和国の首都。人口30万(1994)。タンガニーカ湖の北東端に臨む港町で,大西洋岸を主要貿易ルートとするこの国最大の貿易港として,商工業の中心地をなす。周辺の農業・牧畜生産物の集散地で,コーヒー,綿花,皮革,スズ鉱石などを輸出し,セメント,建設資材,繊維,セッケン,靴,金属製品などの工業も発達している。風光明媚で気候爽涼な高原にあり,観光地としても知られている。19世紀には寒村でウスンブラUsumburaと呼ばれたが,1899年ドイツ領東アフリカの軍隊の駐留基地となり,第1次世界大戦後はベルギーの委任統治領ルアンダ・ウルンディの主都となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブジュンブラ【Bujumbura】

ブルンジ共和国の首都。タンガニーカ湖の北岸にある。コーヒーと綿花の集散が盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブジュンブラ
ぶじゅんぶら
Bujumbura

アフリカ中央部、ブルンジの首都。タンガニーカ湖の北東岸に位置する。人口32万10001999推計)。同国最大の都市で、コーヒー、ワタなどの農産物の加工や、ビール、セメント、せっけん、靴などの工業が立地する。湖上交通によってタンザニアキゴマと結ばれ、そこを中継地としてインド洋岸のダルエス・サラームと経済的に連結している。コンゴ民主共和国(旧ザイール)との経済的結び付きも強く、住民にはかなりの数のザイール人を含む。1880年代にドイツの軍隊の駐屯地として建設され、かつてはウスンブラと称した。緑が豊富な近代都市で、湖畔の観光地としても知られる。ブジュンブラ大学、国際空港がある。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブジュンブラの関連キーワードガボローネブルンジ中部アフリカウスンブラウルンジマレボ湖南アフリカワインウバンギ[川]中央アフリカブルンジ王国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブジュンブラの関連情報