コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブゾーニ Busoni, Ferruccio (Benvenuto)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブゾーニ
Busoni, Ferruccio (Benvenuto)

[生]1866.4.1. フィレンツェ近郊エンポリ
[没]1924.7.27. ベルリン
イタリアの作曲家,ピアニスト。両親とも音楽家。ウィーンとライプチヒで学び,1888年にヘルシンキの音楽学校のピアノ教授となる。 94~1914年にベルリンで現代音楽や J.S.バッハベートーベン,リストなどの作品の指揮をし,第1次世界大戦中はチューリヒオペラの作曲を試み,20年ベルリンに戻り,ベルリン高等音楽学校の作曲教授となる。多くのピアノ曲の校訂と編曲をした。未完のオペラ『ファウスト博士』は弟子 P.ヤルナッハが完成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブゾーニ(Ferruccio Benvenuto Busoni)

[1866~1924]イタリアのピアノ奏者・作曲家。過去のピアノ曲の校訂や、バッハの作品のピアノ編曲で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブゾーニ

イタリアの作曲家,ピアノ奏者。両親ともに音楽家で,母はドイツ系。フィレンツェに近いエンポリで生まれ,オーストリアのグラーツで少年期を送る。早くから神童として鳴らし,ウィーンでの演奏会ではハンスリックの絶賛を浴びた。
→関連項目クルシェネクハスキルルリエ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ブゾーニ

ドイツ系イタリア人の作曲家、ピアニスト。父はクラリネット奏者、母はピアニストであった。早くから音楽教育を受け、8歳で最初の演奏会を開く。その際ルビンシテインもブゾーニの演奏を聴き、その後も彼に ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブゾーニ【Feruccio Busoni】

1866‐1924
イタリア人の父とドイツ人の母をもつ作曲家,ピアノ奏者。フィレンツェに近いエンポリで生まれ,グラーツで少年時代を過ごす。リスト以降最大のビルトゥオーソの一人として,欧米各地で多大な名声を博す。1894年以後主としてベルリンで活躍。作曲家としては,古典,ことにJ.S.バッハに深い敬愛を示し(多くの編曲を残す),オペラ《嫁選び》(1910),《アルレッキーノ》(1916),《ファウスト博士》(未完。1925年に友人P.ヤルナッハの手で完成され初演)のほか,数多いピアノ曲(とくに《ピアノ協奏曲》1904,《対位法的幻想曲》1912,6曲の《ソナチネ》1912‐20)が有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブゾーニ【Ferruccio Benvenuto Busoni】

1866~1924) イタリアの作曲家・ピアノ奏者。古典派の様式を重んじ新古典主義の先駆となる作品を書いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブゾーニ
ぶぞーに
Ferruccio Busoni
(1866―1924)

イタリアのピアノ奏者、作曲家。幼少より音楽的天才、神童として知られ、ヨーロッパ各地を演奏旅行した。1891~94年にはアメリカで音楽活動をし、帰欧後はベルリンをおもな本拠地に置く。作品のなかではバッハの作品のピアノ編曲、ピアノのための『対位法的幻想曲』(1922)、六曲の『ソナチネ』など、ピアノ曲がとくに有名だが、オペラ『花嫁選び』(1908~10)、『アルレッキーノ』(1914~16)、『トゥーランドット』(1917)、『ファウスト博士』(未完、1916年より着手、のち弟子のヤルナッハにより補作され25年初演)にみなぎるロマン主義的幻想性と古典主義的即物性のみごとな調和も忘れがたい。著作『新しい音楽美学のプラン』(1907)では、その後の新古典主義微分音音階があらかじめ理論的に根拠づけられている。ロマン主義と20世紀前半の音楽を結ぶ重要な音楽家である。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブゾーニの言及

【ファウスト】より

…ワーグナー信奉者であったボーイトは,従来のイタリア歌劇の作劇法から脱却した壮大な劇的作品として構想したが,ゲーテの《ファウスト》を最も忠実にまんべんなく描き出そうとしたために長大なものとなり,75年短縮・改訂した。(e)20世紀の代表的なものにはブゾーニのオペラ《ドクトル・ファウスト》がある。ブゾーニ自身の台本で作曲。…

※「ブゾーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブゾーニの関連キーワードブゾーニ:バッハ シャコンヌ BWV1004/piano soloセヴェリン・フォン エッカードシュタインパーシイー・アルドリッジ グレンジャーワイル(Kurt Weill)リーリャ ジルベルシュタインセヴェリーノ ガッツェローニゴールドベルグ山根 美代子イングリット フリッターアルフレート ブレンデルパスカル ドゥヴァイヨンディートリヒ ヘンシェルアレクサンドル コブリンアルフレッド ブレンデルギャリック オールソンマルタ アルヘリッチリチャード ボニングマルタ アルゲリッチヴァルター クリーンD. ミトロプーロスイェルク デームス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブゾーニの関連情報