コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブットー ブットー Bhutto, Zulfikar Ali

4件 の用語解説(ブットーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブットー
ブットー
Bhutto, Zulfikar Ali

[生]1928.1.5. ラルカナ
[没]1979.4.4. ラワルピンジー
パキスタンの政治家。カリフォルニア大学バークリー校,オックスフォード大学修士課程卒業。 1958年 M.アユーブ・カーン政権に商相として入閣,敏腕を発揮し,1960年代初めに対中国関係の改善に尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブットー
ブットー
Bhutto, Benazir

[生]1953.6.21. カラチ
[没]2007.12.27. ラワルピンディー
パキスタンの政治家。現代イスラム圏で初の女性首相を務めた。ズルフィカール・アリー・ブットー元首相の娘で,1973年ハーバード大学,1977年にオックスフォード大学で学士号を取得。1979年,父がクーデターで失脚後に処刑され,父の率いたパキスタン人民党 PPPの党首となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブットー

パキスタンの政治家。シンド州の大地主の出身。1967年にパキスタン人民党(PPP)を結成。大統領(1971年―1973年),首相(1973年―1977年)を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブットー【Zulfikār Alī Bhuttō】

1928‐79
パキスタンの政治家。シンド州の大地主の家に生まれる。1947‐53年アメリカイギリスで政治学,法学を学び,弁護士の資格を取って帰国。アユーブ・ハーン政権の商務相として政界に入った。63年外相,66年アユーブ政権を離れ,67年人民党を結成し,70年制憲議会選挙で躍進した。71年12月の第3次インド・パキスタン戦争後,ヤヒヤー・ハーンに代わって大統領となり,主要産業国有化や土地改革などの政策を打ち出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のブットーの言及

【パキスタン】より

…パキスタンは建国以来最も深刻な国家的危機に直面した。 71年12月にヤヒヤー辞任をうけ新大統領となったパキスタン人民党(PPP)のZ.A.ブットーは,〈東〉なきパキスタンの復興に全力をあげた。ブットー路線は,民間企業国有化などの〈社会主義化〉と〈民主主義〉を強調した。…

※「ブットー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブットーの関連キーワードパキスタンムルタン東パキスタンインドパキスタン戦争電気スタンドパキスタニーパキスタン大地震インド・パキスタン戦争西パキスタン[州]パンジャーブ[州](パキスタン)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone