コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライス・キャニオン国立公園 ブライスキャニオンこくりつこうえんBryce Canyon National Park

1件 の用語解説(ブライス・キャニオン国立公園の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブライスキャニオンこくりつこうえん【ブライス・キャニオン国立公園 Bryce Canyon National Park】

アメリカ合衆国ユタ州南部の国立公園。1923年国定記念物となり,28年制定。面積145km2。名称は初期の入植者E.ブライスにちなむ。ポーンソーガント台地の東端部が,風や水の浸食を受けて,一連の盆地状地形に発達したもの。砂岩と石灰岩の水平層がつくる絶壁は,多様な形態と美しい色彩を誇る。台地の縁辺部に沿って走る自動車道からの眺望はすばらしい。高地地帯は,森林や草原でおおわれる。【矢ヶ崎 典隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone