コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライス・キャニオン国立公園 ブライスキャニオンこくりつこうえん Bryce Canyon National Park

1件 の用語解説(ブライス・キャニオン国立公園の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブライスキャニオンこくりつこうえん【ブライス・キャニオン国立公園 Bryce Canyon National Park】

アメリカ合衆国ユタ州南部の国立公園。1923年国定記念物となり,28年制定。面積145km2。名称は初期の入植者E.ブライスにちなむ。ポーンソーガント台地の東端部が,風や水の浸食を受けて,一連の盆地状地形に発達したもの。砂岩と石灰岩の水平層がつくる絶壁は,多様な形態と美しい色彩を誇る。台地の縁辺部に沿って走る自動車道からの眺望はすばらしい。高地地帯は,森林や草原でおおわれる。【矢ヶ崎 典隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブライス・キャニオン国立公園の関連キーワード北アメリカザイオン国立公園ブライスキャニオン国立公園モンタナアメリカン合衆国ケンタッキーネバダネブラスカアメリカ連合国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone