コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラシス Blasis, Carlo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラシス
Blasis, Carlo

[生]1803.11.4. ナポリ
[没]1878.1.15. チエルノビオ
イタリアの舞踊家。19世紀を代表するバレリーナの大半を育成し,今日のバレエの基礎を築いた。J.ドベルバルや P.ガルデルに学び,S.ビガーノのもとでスカラ座の首席舞踊手をつとめた。1820年『舞踊芸術の理論と実践に関する概論』Traité élémentaire,theoretique et pratique de l'art de la danseをミラノで,30年には『舞踊術』The Code of Terpisichoreをロンドンで刊行。舞踊史上最高の理論技術書とされるこれらの著書により不滅の名声を得た。37年スカラ座付属帝室舞踊学校の校長に任命され,ヨーロッパ各国における舞踊学校の典型となった規範を制定。56年にはモスクワに招かれ,舞踊学校の教師となり,ロシアにイタリア・バレエの技法を伝えた。バレエ技法のアティチュードは彼の創案によるものであり,振付作品も 70以上に及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラシス【Carlo Blasis】

1797‐1878
イタリアの舞踊家振付師,舞踊教師。ナポリに生まれたが,若いころはほとんどフランスにあり,ドーベルバルとガルデルに学んだ。1817年イタリアに戻り,ミラノのスカラ座ビガーノとともに舞踊家として活躍した。20年《舞踊芸術の基礎・理論・実技概論》を出版した。これはバレエに関する最も重要な文献の一つで,きわめて実際的な教典である。26年から30年までイギリスにあり,その間に《舞踊芸術の法典》を出版。37年足の故障のため舞踊手を断念,以来教育に専念した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラシス
ぶらしす
Carlo Blasis
(1797―1878)

イタリアの舞踊家、振付者、舞踊教師。ナポリに生まれる。12歳のときマルセイユでデビュー、ボルドーやパリ・オペラ座で学んだ。その後、ミラノのスカラ座、ロンドンのキングス劇場、ペテルブルグの帝室劇場のソリストを経て、1837年スカラ座付属アカデミーのディレクターに就任。舞踊の理論家として、『ダンス芸術の理論と実践に関する初歩教程』(1820)、『舞踊家の教典』(1828)、『舞踊に関するノート』(1848)などを出版し、古典バレエの基礎を築いた。弟子にチェリート、ロサティ、メイウッドらがいる。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブラシスの言及

【バレエ】より

…彼はコール・ド・バレエ(群舞の踊り手)の動きを改革し,その地位を高めると同時に,バレエの主題に関してはとくに意を注いで,ドラマとしてもりっぱな作品を考案した。続いてC.ブラシスが現れ,舞踊の教育法について大きな業績を残した。彼は舞踊の理論,技法の書を数多く書いているが,ミラノのスカラ座の付属舞踊学校の校長として,今日なお,世界各国のアカデミーの模範となる,合理的な教育方法を制定した。…

※「ブラシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラシスの関連キーワードボリショイ・バレエ団ドベルバル11月4日ポジションアラベスクバラビーレツッキ市川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android