コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッコ ブラッコBracco, Roberto

2件 の用語解説(ブラッコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッコ
ブラッコ
Bracco, Roberto

[生]1862. ナポリ
[没]1943. ソレント
イタリアの劇作家。イプセン小デュマの影響を強く受け,フロイトの心理学に学びつつ,サロン風喜劇,心理劇などを,ときに写実的に,ときに感傷をこめて書いた。機知に富む喜劇『不義』L'infedele (1894) ,心理をこまやかに写し出して潜在意識にまで触れた『ドン・ピエトロ・カルーゾ』 Don Pietro Caruso (95) ,写実的手法が顕著な『闇に迷う者たち』 Sperduti nel buio (1901) ,女性心理を巧みに描いた『雪の夜』 Notte di neve (05) ,『小さな聖者』 Il piccolo santo (12) などが代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッコ
ぶらっこ
Roberto Bracco
(1862―1943)

イタリアの劇作家。ナポリに生まれる。デュマ・フィス、イプセンなどの社会劇の影響を受けた作品が多数あり、『ドン・ピエートロ・カルーソ』(1895)がその代表作。のちにいち早くフロイトを取り入れ、とくに女性心理を扱った『雪の夜』(1905)、無意識の分野を掘り下げた『小さな聖者』(1910)などで大衆的人気を獲得。各国語による翻訳も多い。[望月紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブラッコの関連キーワードサイゴン条約黒住教育英制度有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラッコの関連情報