コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッコ ブラッコ Bracco, Roberto

2件 の用語解説(ブラッコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラッコ
ブラッコ
Bracco, Roberto

[生]1862. ナポリ
[没]1943. ソレント
イタリアの劇作家。イプセン小デュマの影響を強く受け,フロイトの心理学に学びつつ,サロン風喜劇,心理劇などを,ときに写実的に,ときに感傷をこめて書いた。機知に富む喜劇『不義』L'infedele (1894) ,心理をこまやかに写し出して潜在意識にまで触れた『ドン・ピエトロ・カルーゾ』 Don Pietro Caruso (95) ,写実的手法が顕著な『闇に迷う者たち』 Sperduti nel buio (1901) ,女性心理を巧みに描いた『雪の夜』 Notte di neve (05) ,『小さな聖者』 Il piccolo santo (12) などが代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッコ
ぶらっこ
Roberto Bracco
(1862―1943)

イタリアの劇作家。ナポリに生まれる。デュマ・フィス、イプセンなどの社会劇の影響を受けた作品が多数あり、『ドン・ピエートロ・カルーソ』(1895)がその代表作。のちにいち早くフロイトを取り入れ、とくに女性心理を扱った『雪の夜』(1905)、無意識の分野を掘り下げた『小さな聖者』(1910)などで大衆的人気を獲得。各国語による翻訳も多い。[望月紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラッコの関連キーワードナポリスパッカナポリナポリを見てから死ねパラッツォ・レアーレ・ディ・ナポリオールドナポリナポリの窯リボンナポリンリボンナポリンゼロカロリースパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラッコの関連情報