ブラムバーグ(英語表記)Blumberg, Baruch S.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ブラムバーグ」の解説

ブラムバーグ
Blumberg, Baruch S.

[生]1925.7.28. ニューヨーク,ニューヨーク
[]2011.4.5. カリフォルニア,モフェットフィールド
アメリカ合衆国の医師,医学者。フルネーム Baruch Samuel Blumberg。1951年コロンビア大学で医学博士号を,1957年イギリスのオックスフォード大学で生化学の博士号を取得し,1960年国立衛生研究所 NIHの地理医学・遺伝学部門の主任に就任した。1964年フィラデルフィアの癌研究所次長ならびにペンシルバニア大学教授となる。1989~94年オックスフォード大学ベイリオル・カレッジで教鞭をとり,帰国後ペンシルバニア大学に戻った。1999~2002年アメリカ航空宇宙局 NASAの宇宙生物学研究所所長。2005年にアメリカ哲学協会の会長に就任,生涯にわたってその職務を務めた。1960年代前半に広く血液標本を採取し,民族,地域による疾患への多様な感受性を研究し始めた。1967年には,1963年にオーストラリア先住民血清から発見した抗原が劇症型の B型肝炎(→肝炎)を起こすウイルスであることを確認した。このオーストラリア抗原の発見は,ウイルスに対する抗体の検査で輸血による B型肝炎の感染防止を可能にし,さらに 1982年には B型肝炎ワクチンの開発へとつながった。1976年,D.カールトン・ガイジュセクとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android