コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランティング ブランティング Branting, Karl Hjalmar

6件 の用語解説(ブランティングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランティング
ブランティング
Branting, Karl Hjalmar

[生]1860.11.23. ストックホルム
[没]1925.2.24. ストックホルム
スウェーデンの政治家,ジャーナリスト。ストックホルム,ウプサラ両大学で科学を学んだのちジャーナリストとなり,1886~1917年日刊紙"Social-Demokraten"主筆,1889年社会民主労働党の創設に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブランティング(Karl Hjalmar Branting)

[1860~1925]スウェーデンの政治家。社会民主労働党の結成に参加、のち党首。その後、蔵相・首相を歴任して労働者の地位向上に尽力。1921年、C=H=ランゲとともにノーベル平和賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブランティング

スウェーデンの政治家。1889年スウェーデン社会民主党を創立,1907年党首。1896年以後国会議員として労働者の地位向上に尽力。第1次世界大戦には中立を主張し,早期終結に努力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブランティング【Karl Hjalmar Branting】

1860‐1925
スウェーデンの新聞編集長,社会民主労働党委員長。1920‐23,24‐25年首相を務める。青年時代にドイツ社会主義を同国に導入し,新聞の主幹を務めた後,政治家に転じた。社民党の指導者として労働者の地位向上に腐心し,男子普通選挙権,老齢年金婦人参政権,8時間労働など次々と法制化に尽力した。同国の社会民主主義の理論を確立し,精力的に実践して福祉国家の礎を築いた。21年にノーベル平和賞を受賞。【清原 瑞彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブランティング【Karl Hjalmar Branting】

1860~1925) スウェーデンの政治家。社会民主党。1920年代に選挙によって初めて社会主義的政権を樹立、社会福祉と中立堅持の両政策を確立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランティング
ぶらんてぃんぐ
Karl Hjalmar Branting
(1860―1925)

スウェーデンの社会主義運動家、政治家。ウプサラ大学卒業後ジャーナリストとなり、1886年『ソシアルデモクラーテン』紙記者、1888年同紙編集長。1889年スウェーデン社会民主労働者党結成に参加、党内右派の指導者となった。1896年社会主義者として最初の下院議員。1907年初代の正式党首となった。改良主義的政策を唱え、普通選挙問題などでしばしば自由主義者と提携。1917~1918年自由連合党との連立内閣財務大臣となった。1919~1920年パリ講和会議代表、第二インターナショナル議長。1920年3月初めて首相となったが、選挙で敗れ10月辞任。1921~1923年第二次内閣を組織した。1924年第三次内閣を組織し、健康上の理由で1925年1月辞任、翌月死亡。1921年ランゲChristian Lous Lange(1869―1938)とともにノーベル平和賞を受賞。[本間晴樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランティングの関連キーワードLOスウェーデン門トルールストラオーストリア社会民主労働党社会民主労働党(オランダ)社会民主労働党(スウェーデン)社会民主労働者党スウェーデン労働総同盟ドイツ社会民主労働者党スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブランティングの関連情報