コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランデンブルク門 ブランデンブルクもん Brandenburger Tor

7件 の用語解説(ブランデンブルク門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランデンブルク門
ブランデンブルクもん
Brandenburger Tor

ドイツ,ベルリンにある記念門。 K.ラングハンスによって,1789~94年に科学的,考古学的に正確な古代ギリシア建築の再興の試みとして建てられた。頂部にはクアドリガが施され,様式はドーリス式で,18世紀後半から 19世紀にかけてのドイツにおけるギリシアリバイバルの先駆的作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブランデンブルク‐もん【ブランデンブルク門】

Brandenburger Tor》ドイツの首都ベルリンにある門。1788年から1791年にかけて、プロイセン王国の凱旋門として、建築家カール=ゴットハルト=ラングハンスにより建造された。旧東西ベルリンの境界に位置し、現在は東西ドイツ統合の象徴とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブランデンブルク門【ブランデンブルクもん】

ドイツ,ベルリンにある凱旋門。1791年,プロイセン王国時代に,アテネ神殿建築を模して完成。幅65m,高さ26mで,門の上に勝利の女神像がある。ベルリンが東西に分断していた時代は,事実上〈ベルリンの壁〉の一部になっていて通り抜けができなかった。
→関連項目シャドウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブランデンブルクもん【ブランデンブルク門 Brandenburger Tor】

ベルリンにある石造の都市門。西方のブランデンブルク市へと向かうウンター・デン・リンデン通り終端に位置する。1788‐91年建設。プロイセン新古典主義建築の傑作。建築家はラングハンスCarl Gotthard Langhans,門上の四頭立馬車は彫刻家シャドーGottfried von Schadowの作。アテネのアクロポリスプロピュライアを模したドリス式による簡潔な造形はベルリン都市美化の象徴となったが,現在は東西ベルリンの境界線に位置する(東西ベルリンは1990年10月のドイツ統一とともに統一された)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブランデンブルクもん【ブランデンブルク門】

1789年ベルリンに建造された門。古典様式の凱旋門でドリス式の柱をもつ。旧東西ドイツの境界付近(東ベルリン側)にあるためドイツ分裂の象徴的存在であった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブランデンブルクもん【ブランデンブルク門】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)のシンボルとされている門。高さは26m、幅は65.5m、奥行きは11mで、砂岩でできている。◇パリ広場の東に面していて、ブランデンブルク門を通って東に進むと、ウンターデンリンデンを経て、ベルリン王宮(ベルリン宮殿)に至る。かつてのベルリンは都城都市で、城壁がめぐらされ、18ヵ所の城門があった。ブランデンブルク門はその一つで、1868年に城壁と城門は取り壊されたが、唯一例外として残った。この門の名称は、かつてプロイセンの首都が置かれていたブランデンブルクに通じる道に門があったことによる。この城門は、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の命により、建築家カール・ゴットハルト・ラングハンスが古代ギリシア風の城門として設計し、1788年から3年間かけて建設した。アテネのアクロポリスの入り口にあったプロピュライアの門をモデルにしていて、門の上には「クアドリガ」と呼ばれる四頭立ての馬車に乗った勝利の女神、ビクトリアの彫刻がある。東西ドイツに分かれ、ベルリンも東と西に分割されていた時代には、ブランデンブルク門は東ベルリンの西の境界にあり、それ以上先に進めない行き止まりとなっていたが、東西ドイツの統一で、門としての役割が果たせるようになった。このため、ブランデンブルク門は東西ドイツ統一の象徴といわれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランデンブルク門
ぶらんでんぶるくもん
Brandenburger Tor

旧東・西ベルリンの境界にある門で、1945~90年には東西ドイツ分裂の象徴であった。パリの凱旋(がいせん)門にも比せられる。ベルリン第1区ミッテ(中央)区西端にある。1788~91年にK・G・ラングハンスによって古典的様式で建築され、門上には当時の名彫刻家シャドーの手になる「4頭立ての古代ローマ戦車を駆る女神」の像を頂いている。第二次世界大戦の戦災を受けたため、1958年にこの女神の像は銅で新たに鋳造された。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブランデンブルク門の言及

【ベルリン】より

… 18世紀末から19世紀初めにかけベルリンは,科学アカデミー(1700設立)の会員にA.vonフンボルト,ゲーテ,フィヒテを迎え,しだいにフランス文化の影響を脱しつつあった。ドイツ古典主義の誕生を告げるといわれるブランデンブルク門が造られたのもこの時代(1791完成)である。1806年,ナポレオンはこのブランデンブルク門からベルリンに入り,11月21日,有名な大陸封鎖令を宣言,ベルリンは以後2年間にわたりフランス軍の占領下におかれた。…

※「ブランデンブルク門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブランデンブルク門の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ベルリンタワーベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団クーダムベルリンテレビ塔ベルリン動物園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブランデンブルク門の関連情報