ブリュー(英語表記)Brieux, Eugène

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュー
Brieux, Eugène

[生]1858.1.19. パリ
[没]1932.12.6. ニース
フランスの劇作家。 1890年にアントアーヌの自由劇場で『芸術家の家庭』 Ménages d'artistesを上演以来,社会問題を扱った世相劇の作者として名をなす。代表作『法服』 La Robe rouge (1900) ,『梅毒患者』 Les Avariés (01) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ブリュー【BREW】

携帯電話向けのソフトウェア実行環境のひとつ。2001年、アメリカのクアルコムが発表。同社の登録商標C言語またはC++コンパイルしたオブジェクトコードを用いるため、実行速度が速い。日本では、KDDIの携帯電話サービス「au」のEZアプリに採用されている。◇「ブルー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリュー
ぶりゅー
Eugne Brieux
(1858―1932)

フランスの劇作家。貧しい職人の家に生まれ、独学で刻苦勉励して新聞記者となり、『芸術家の家庭』(1890)と『ブランシェット』(1892)の二作がアントアーヌの自由劇場に採用され、劇作家としての地位を確立した。いわゆる自由劇場出身作家の1人である。作品の主題は親子関係、教育問題などで、個人や社会が当面する「悪」を、大衆を対象に訴えたものだが、ときに説教に堕する危険もあり、問題劇の常として『法服』(1900)も『梅毒患者』(1901)もいまは色あせてしまった。代表作は『デュポン氏の3人娘』(1897)。[本庄桂輔]
『内藤濯訳『ブランシェット』(『近代劇全集 第15巻』所収・1928・第一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android