コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルゴス大聖堂 ブルゴスだいせいどうBurgos Cathedral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルゴス大聖堂
ブルゴスだいせいどう
Burgos Cathedral

スペイン北部,ブルゴスにあるゴシック建築の大聖堂。セビリアトレドの大聖堂とともにスペイン三大ゴシック大聖堂の一つに数えられる。フェルナンド3世統治下の 1221年,フランスゴシック建築の影響を受けたマウリーシオ司教が中心となり建築が始まった。14世紀にほぼ完成したが,15世紀に入るとドイツ人ファン・デ・コローニアの手によりフランボアイヤン様式の装飾が施され,さらに完成度の高いものとなった。優美な尖塔や翼廊,13の礼拝室のいずれもイスラム建築の影響を受けたスペイン独自のゴシック様式であるが,フランボアイヤン様式の代表例としては「元帥の礼拝堂」があげられる。レコンキスタ (国土回復運動) の英雄エル・シッドの墓がある。1984年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルゴス‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ブルゴス大聖堂】

Burgos》スペイン中北部の都市ブルゴスにある大聖堂。1221年着工、14世紀初頭に基本的な部分が完成。その後2世紀かけて増築された。スペインを代表するゴシック建築の一つ。1984年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブルゴス大聖堂【ブルゴスだいせいどう】

スペイン北部,ブルゴスにあるスペインの代表的ゴシック建築の一つ。正称はサンタ・マリア大聖堂。フェルナンド3世の命により,1221年着工,13世紀末にほぼ完成したが,細部の増改築は18世紀まで続いた。
→関連項目ブルゴス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産詳解の解説

ブルゴスだいせいどう【ブルゴス大聖堂】

1984年に登録された世界遺産(文化遺産)。ブルゴスは、スペイン北部にあるカスティーリャ=イ=レオン自治州ブルゴス県の県都。この町は、後のスペイン王国につながるカスティーリャ王国の首都が置かれていた都市である。この町にある壮麗なブルゴス大聖堂は、カスティーリャ王フェルナンド3世と、イングランド出身のブルゴス司教マウリーシオの命で、1221年、それ以前にあったロマネスク様式の大聖堂を取り壊して建設が開始されたものである。そして、この大聖堂は着工からおよそ350年後の1567年に完成した。この大聖堂はセビリア、トレドに次いでスペインで3番目の大きさを持ち、スペイン独自の技巧と装飾を凝らしたスペイン・ゴシック建築の最高傑作の一つとされている。この聖堂にはレコンキスタの民族的な英雄エル・シッドとその妻の墓所もある。◇英名はBurgos Cathedral

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルゴスだいせいどう【ブルゴス大聖堂】

スペインの首都マドリードの北約340km、カスティーリャイレオン州の都市ブルゴス(Burgos)にある、ゴシック様式のカトリックの壮麗な大聖堂(カテドラル)。◇聖母マリアに捧げられたもので、正式には「サンタマリア大聖堂」と呼ばれる。1221年に、以前にロマネスク様式の聖堂があった場所に建設が始まり、300年以上経った1567年に完成した。スペインゴシック建築の傑作とされている。この大聖堂には、中世・レコンキスタ時代の伝説的英雄のエル・シッド(ロドリーゴ・ディアス・デ・ビバル)と、その妻ドニャ・ヒメナの墓所がある。世界遺産に登録されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のブルゴス大聖堂の言及

【ゴシック美術】より

…西ヨーロッパ中世後半におこなわれた美術。ロマネスク美術につぎ,その発展の結果として生まれ,12世紀中期から準備期に入り,13世紀にフランス,イギリスにおいて明確な様式として成立し,さらに西ヨーロッパ全土に波及し,つづく2世紀間に発展・変化して,15世紀初めからイタリアで形成されるルネサンス美術が代表する近世美術にとって代わられるまで存続した。ゴシックGothicの名称は,バザーリらルネサンスのイタリア人が中世建築を粗野な蛮族ゴート人Gothのもたらしたものとして非難したことに由来するが,19世紀以来,西ヨーロッパ中世美術の一様式をさす美術史上の用語として適用されるにいたった。…

※「ブルゴス大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報