ブルゴーニュ派(読み)ブルゴーニュは(英語表記)Bourguignons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルゴーニュ派
ブルゴーニュは
Bourguignons

百年戦争中のフランスで,オルレアン公ルイアルマニャック派に対立した党派。ブルゴーニュジャン (無畏公) を指導者とする。両者の抗争はフランスを2分し,1407年にはルイが暗殺され,ジャンもまた殺害され (1419) ,結果としてブルゴーニュ派とイングランドとの同盟が成立するまでにいたった。ブルゴーニュ派は 30年ジャンヌ・ダルクをイングランド軍に売り,ジャンを継承したフィリップ (善良公) はイングランドとの関係を断って国王シャルル7世とアラスの和約を締結 (35) ,両派の争いは終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルゴーニュ派【ブルゴーニュは】

百年戦争後半期フランス国王シャルル6世の発狂(1392年)後,全王族・貴族間で起きた政権争いの一党派。Bourguignonsという。ブルゴーニュ公ジャンを首領とし,英国と結んでアルマニャック派と抗争した。
→関連項目シャルル[7世]ブルゴーニュ公国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルゴーニュ派
ぶるごーにゅは
Les Bourguignonsフランス語

フランスの王政下で、1390年代から1430年代のなかばまでアルマニャック派と対立抗争した党派。対立は、1411年以降決定的となって内乱状態に入り、1435年のアラスの和約まで継続する。1407年王弟オルレアン公ルイが、従兄弟(いとこ)のブルゴーニュ公国当主ジャンに暗殺されたが、ジャンも、ルイの息子シャルルの義父アルマニャック伯ベルナールを頭目とするアルマニャック派によって謀殺され(1419)、両公家の復讐(ふくしゅう)戦の様相をみせた。ブルゴーニュ公国はフランドルを領したが、ネーデルラントをねらってイギリス、さらにはドイツ諸侯に対しても和親政策を進めたため、それに反発してアルマニャック党派が形成されたという性格が強い。[堀越孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android