ブレスレット(英語表記)bracelet

翻訳|bracelet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレスレット
bracelet

腕輪。先史時代より各地で使用されていた。男女共用が一般的で,近世になってから女性専用の装身具となった。貝殻,石,金属,ガラス,布,骨,木製などがあるが,貴金属製品にすぐれたものが多く,古代イラン,古代メソポタミアの黄金製品,ケルト人の貴金属製品はすぐれた造形と技法によるものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレスレット

手首または腕にはめるアクセサリー。古くは男女とも用いたが,西欧では12世紀ごろから女性だけの装身具となった。金属,骨,石,貝,木彫,プラスチック,皮革などで作られ,輪状,鎖など多様なデザインのものがある。→腕輪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ブレスレット

〘名〙 (bracelet) 手首や腕にはめて飾りとする輪。腕輪。
※あきらめ(1911)〈田村俊子〉八「『見て頂戴』と云って、左手の腕環(ブレスレット)を外して見せたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のブレスレットの言及

【腕輪】より

…手首や腕,ひじにはめる輪状の装身具。ブレスレットbracelet。上膊部に着用するものをアームレットarmletと呼んで区別することもある。…

※「ブレスレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレスレットの関連情報