コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロー Blow, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロー
Blow, John

[生]1649.2.23. 〈洗礼〉ニューアーク
[没]1708.10.1. ウェストミンスター
イギリスの作曲家,オルガン奏者。 1660~65年王室付属礼拝堂の合唱児童,68年ウェストミンスター寺院のオルガン奏者。 79年この地位を弟子の H.パーセルに譲ったが,パーセルの死後 (1695) 再びこの地位につく。その間,76年王室付属礼拝堂のオルガン奏者。 87~93年セント・ポール大聖堂の合唱児童の指揮者,99年王室付属礼拝堂の作曲家。王政復古期のパーセルと並ぶ最大の作曲家で,宗教曲と歌曲にすぐれ,最初のイギリス・オペラ『ビーナスとアドニス』 (85) を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブロー(blow)

[名](スル)
ハンドドライヤーで熱風を吹きつけ、ブラシで髪形を整えること。ブローセット。「ブローして仕上げる」
ボクシングで、打撃。パンチ。「ローブロー」「ボディーブロー
ジャズなどで、管楽器を派手に吹くこと。

ブロー(brow)

」に同じ。「ブローペンシル」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブロー【blow】

吹くこと。吹きつけること。
ドライヤーを吹きつけて髪形を整えること。
ボクシングで、強打。 「ボディー--」
ボウリングで、スプリットの外側にボールを外すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブローの関連キーワードEBS(Electronic Broking System)ダイレクトディーリング(D.D.)ブロークンウインドーズ理論BHP・ビリトン[会社]フォンテーヌブロー宮殿フォンテンブロー宮殿フォンテンブロー宮フォンテンブロー城フランソア[1世]フォンテンブロー派インターバンク市場フォンテーヌブローカウンターパンチプリマティッチョフォンテンブローグラマラスカールノルチェーピンサーマルブローアイアンマン2ボディーブロー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブローの関連情報