プエルト・モント(英語表記)Puerto Montt

世界大百科事典 第2版の解説

プエルト・モント【Puerto Montt】

チリ中南部,第10地域の主都。人口12万2399(1995)。この地域の農牧畜産品,木材の集散地として重要であり,漁業も盛んである。1853年建設され,ドイツ移民が周辺地域に多数定住した。首都サンチアゴからは1080kmの距離にあるが,鉄道とパン・アメリカン・ハイウェーが通じており,湖沼地帯の観光の一拠点ともなっている。また対岸チロエ島への連絡口で同島との往来も盛んである。【細野 昭雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android