コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン・アメリカン・ハイウェー パンアメリカンハイウェー

2件 の用語解説(パン・アメリカン・ハイウェーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パン・アメリカン・ハイウェー

北アメリカ大陸のすべての国を結ぶ国際高速自動車道路。北はアラスカフェアバンクスから南は南米最南端のフエゴ島に至る全長20万8933kmで,ほぼ全線が開通している。
→関連項目バルキシメトプエルト・モント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パン・アメリカン・ハイウェー
ぱんあめりかんはいうぇー
Pan-American Highway

アメリカとラテンアメリカの政治的、文化的、経済的な融合を目的として整備が進められた大道路網。北・中央・南アメリカ大陸を覆って21か国を相互に結び付けており、北はアラスカのフェアバンクスから、南はアルゼンチン南端のフエゴ島にまで及んでいる。全長20万8933キロメートル。これは、パン・アメリカニズムの制度的表現である米州機構OAS)の枠組みのなかで論じられ、発展してきた。前史は1880年代に提唱された、アメリカ大陸を鉄道で連絡するパン・アメリカン鉄道の構想である。その構想が実現しないうちに、T型フォード車の登場とともに自動車時代が始まり、ついに1925年、ブエノス・アイレスにおいてパン・アメリカン・ハイウェー会議が常設され、それまでの鉄道構想にかえて道路網を建設すべきだとの決議が行われた。3年後の第6回アメリカ諸国国際会議において建設が正式に決定され、1936年には、それまでのような各国の自主判断による建設ではなく、初めて加盟各国に建設を義務づけるパン・アメリカン・ハイウェー協約が締結された。1940年代の終わりまでに、中央アメリカではメキシコパナマ間の62%がいちおう整備され、南アメリカではコロンビア―アルゼンチン間9263キロメートルのうち、通過不可能区間はわずか331キロメートルにまで減るという進歩ぶりであった。建設資金は、各国の自主資金のほか、合衆国の援助、米州開発銀行の融資などであった。出発当初は、主として各国の首都をつなぐ南北の単軸として構想されたが、その後の道路交通の増大と、発展途上国の発展におけるその重要性の高まりによって、多くの路線が追加されて今日に至る。アマゾン流域を貫通する道路、内陸国であるパラグアイボリビアを海につなげる道路、太平洋大西洋をつなぐ大陸横断道路などがそれである。1987年現在全線のほぼ99%が完成しており、残るのはパナマとコロンビアの国境の、広大なジャングルを通る部分のみである。この区間の建設困難の原因は主として資金不足によるものであるが、これは、動物の口蹄疫(こうていえき)が南アメリカから中央アメリカへ浸透するのを防いでいるジャングルを切り開くことに合衆国が踏み切れず、資金援助を保留していることがとくに響いている。残区間の完成は、コロンビア側の防疫体制がいつ完成するかにかかっているが、現在の見通しでは早くて1990年代の後半になるとされている。[武田文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone