コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プンタアレナス Punta Arenas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プンタアレナス
Punta Arenas

チリ南部の港湾都市。南アメリカ最南の都市で,大陸部とフエゴ島を分けるマガヤネス (マゼラン) 海峡にのぞむ。 1849年建設され,パナマ運河開通 (1914) までは,太平洋と大西洋を結ぶ重要な航路であった同海峡を航行する外洋船の寄港地,給炭地として繁栄。現在はおもに沿岸航路の船舶の母港で,広大な牧羊地帯を背後に控えて,市内で加工・処理された羊皮,羊毛,冷凍羊肉を積出すほか,木材,石油製品などを積出す。対岸の大フエゴ島での石油開発,自由港区の設置,陸・海・空軍の駐留などが近年市の発展に寄与。南アメリカの大西洋岸沿いに南下してくる道路が市まで通じ,アルゼンチンの主要都市と結ばれるが,チリ国内では北西約 200kmのプエルトナタレスまで道路が通じるのみで,チリの主要都市との連絡はもっぱら沿岸航路と空路による。対岸のポルベニルとの間にはフェリーの定期便が就航。人口 12万 30 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プンタ‐アレナス(Punta Arenas)

チリ南端部、マガジャネス州の港湾都市。同州の州都。マゼラン海峡に面する。羊毛・羊肉を輸出。対岸のフエゴ島における石油採掘の拠点となっている。プンタアレーナス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

プンタアレナスの関連キーワードブルンスウィック半島プエルトモントマグダレナ島

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android