コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロエ島 チロエとうIsla de Chiloé

2件 の用語解説(チロエ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チロエ島
チロエとう
Isla de Chiloé

チリ南部西岸沖にある島。海岸山脈が沈降してできた島で,北はチャカオ海峡,東はコルコバド湾によって本土と隔てられ,西は太平洋に面する。南北約 180km,東西約 60km。面積約 8400km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チロエ島
ちろえとう
Isla de Chilo

南アメリカ、チリ南部の群島地方の北端に位置する島。チリ海岸山脈の南方延長にあたり、幅2キロメートルほどのチャカオ海峡で本土と隔てられている。面積約9000平方キロメートル。島の西部の山地には森林が残るが、東部の丘陵地では耕地が広く開かれ、小麦とジャガイモの栽培が盛んである。東部の海岸には、島の中心都市カストロCastro(人口3万9073。2002国勢調査速報値)をはじめ漁業集落も多い。北岸のアンクドAncudには、植民地時代に大陸南端回りで侵入してくる外国船を監視する要塞(ようさい)が置かれていた。また、当時イエズス会宣教師により建設された教会が残り、このうちの14の教会などを含む教会群が2000年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。イギリスおよび北ヨーロッパ系の住民が多い。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チロエ島の関連情報