コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プタハ プタハ Ptah

4件 の用語解説(プタハの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プタハ(Ptah)

エジプト神話で、古代エジプトの首都メンフィスの主神。宇宙の創造神で、鍛冶(かじ)や彫刻の神とされ、ギリシャ神話ヘファイストスローマ神話ウルカヌスと同一視された。プター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プタハ

古代エジプトの創造神,技芸の神。ミイラの姿で表現される,王制,メンフィス守護神でもあり,妻セクメト,息子ネフェルテムとともにメンフィスの三柱神群をなす。ギリシア人は鍛冶神ヘファイストスと同一視した。
→関連項目アピス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プタハ【Ptah】

古代エジプトの神。メンフィスの三柱神(プタハセクメトネフェルテム)の主神で,セクメトの夫。ミイラのような衣服を固く身体に巻き付けた男の姿で表される。メンフィス神学によると天地創造神であり,彼の心臓(思考)と舌(言葉)とによって,世界が形成されたとされる。神々とその秩序,善悪,芸術などの創造も彼に帰せられ,また,王制の守護神,セド祭の統轄者でもある。工芸の神として職人の信仰を集め,ギリシア人にはヘファイストスと同一視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プタハ
ぷたは
Ptah

古代エジプト古王国時代の都メンフィス(今日のサッカラ東方ナイル対岸)の三神(プタハ、セクメト、ネフェルテム)の主神で、フヌム神とともに創造を担当したとされる。そのためこの神は工作や造形の神とみなされており、ギリシアのヘファイストスローマウルカヌスと類似している。メンフィス(原語メン・ネフェルト)は別名ハト・カ・プタハ(「プタハの精霊の住まい」)とよばれたが、ここからギリシア語アイギプトス、そして今日のエジプトという呼称が生じた。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プタハの関連キーワードエジプト暦セトノモスムートメネスルクソールエジプト鼠エジプト綿古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プタハの関連情報