コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プタハ Ptah

百科事典マイペディアの解説

プタハ

古代エジプトの創造神,技芸の神。ミイラの姿で表現される,王制,メンフィスの守護神でもあり,妻セクメト,息子ネフェルテムとともにメンフィスの三柱神群をなす。ギリシア人は鍛冶神ヘファイストスと同一視した。
→関連項目アピス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プタハ【Ptah】

古代エジプトの神。メンフィスの三柱神(プタハ,セクメト,ネフェルテム)の主神で,セクメトの夫。ミイラのような衣服を固く身体に巻き付けた男の姿で表される。メンフィス神学によると天地創造神であり,彼の心臓(思考)と舌(言葉)とによって,世界が形成されたとされる。神々とその秩序,善悪,芸術などの創造も彼に帰せられ,また,王制の守護神,セド祭の統轄者でもある。工芸の神として職人の信仰を集め,ギリシア人にはヘファイストスと同一視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プタハ
ぷたは
Ptah

古代エジプト古王国時代の都メンフィス(今日のサッカラ東方ナイル対岸)の三神(プタハ、セクメト、ネフェルテム)の主神で、フヌム神とともに創造を担当したとされる。そのためこの神は工作や造形の神とみなされており、ギリシアのヘファイストス、ローマのウルカヌスと類似している。メンフィス(原語メン・ネフェルト)は別名ハト・カ・プタハ(「プタハの精霊の住まい」)とよばれたが、ここからギリシア語アイギプトス、そして今日のエジプトという呼称が生じた。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プタハの関連キーワードメンフィス(古代エジプト)プタハヘテプの訓戒ラムセス(2世)アブ・シンベルアブ・シンベルエジプト神話新王国時代イスラエル矢島文夫マートコプト海の民ゲゼル

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android