コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プテリン プテリン pterin

3件 の用語解説(プテリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プテリン
プテリン
pterin

プテリジン C6H4N4 の2-アミノ-4-ヒドロキシ誘導体の総称。天然には青色ケイ光を出すイソキサント系 (7-オキシ誘導体,イソキサントプテリン,イクチオプテリンなど) ,黄緑色ケイ光を出すキサント系 (6-オキシ誘導体,キサントプテリンなど) の誘導体がチョウの羽や魚の鱗などに存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プテリン

2−アミノ−4−ヒドロキシプテリジンC6H5N5Oまたはその誘導体の通称。いろいろな側鎖がつくと,青色蛍光を発するイソキサント系(イソキサントプテリン,イクチオプテリンなど)や黄緑色蛍光を発するキサント系(キサントプテリンなど)の誘導体になり,チョウの羽,魚鱗から得られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プテリン【pterin】

チョウの翅(ギリシア語でpteron)などから得られる有機化合物で,補酵素の一つである葉酸やビオプテリンの分解物。淡黄色の小さな結晶で,分子式はC6H5N5O。融点は高く,300℃。エーテルアルコールに不溶であるが,アルカリ,酸に可溶。その水溶液は特有の強い蛍光を発する。その誘導体を有するチョウの翅やカイコの幼虫などが,紫外線で青紫色に光るのはそのためである。化学的には2‐アミノ‐4‐ヒドロキシプテリジンの通称名で,上の5位と6位に,表のような側鎖がつくと種々の化合物が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プテリンの関連キーワードギリシアブリシアギリシア喜劇フォティアディス《ギリシア語真宝》《ギリシア語問答》近代ギリシア語コイネー・ギリシア語古典ギリシア語ミュケナイのギリシア語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プテリンの関連情報