コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラウダ Pravda

翻訳|Pravda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラウダ
Pravda

ロシア語で「真理」の意。旧ソ連共産党中央委員会機関紙。記事や論説の多くはモスクワ放送によってソ連全土に放送され,またタス通信によって各地域や外国に送信されていた。 1912年4月 22日 (新暦5月5日) レーニンによってサンクトペテルブルグで創刊,十月革命の成功までは発行禁止や題号変更など,たびたびの弾圧を受けたが,18年モスクワに発行所を移してからは,党機関紙として着実かつ急速に成長した。 91年のソ連崩壊後,経営難から休刊に追込まれたが,保守的立場を明らかにして 92年復刊した。発行部数 13万 7000 (1997) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プラウダ(〈ロシア〉Pravda)

《真理の意》ロシア連邦の日刊新聞。1912年創刊のソ連共産党中央委員会の機関紙で、党の政策方針の発表機関であったが、1991年の発行禁止後は党から独立して再刊され、ソ連解体後もロシアで発行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プラウダ

もとソビエト連邦共産党中央委員会の機関紙。1912年刊。プラウダは《真理》の意。当初はレーニンが指導。1914年第1次大戦勃発とともに停刊するが,1917年二月革命後復刊。
→関連項目イズベスチヤククルイニクスイショスタコービチスースロフタス(TASS)ブハーリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラウダ【Pravda】

旧ソ連邦共産党中央委員会機関紙。紙名は〈真理〉の意。1912年5月5日(旧暦4月22日)にペテルブルグで創刊。ロシア革命後の22年にこの5月5日が〈新聞の日〉に制定された。レーニンを指導者とし,スターリン,モロトフらが創刊,編集に参加した。重なる弾圧に紙名を何度も変えて発行をつづけたが,1914年,第1次世界大戦勃発とともに停刊させられた。17年の二月革命による帝政崩壊後に復刊したのちも弾圧により紙名変更を繰り返したが,十月革命後の18年に政府,党とともにモスクワに移ってから,急速に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

プラウダ【Pravda】

〔真理の意〕
ソ連共産党中央委員会機関紙。1912年創刊の日刊紙。イズベスチアと並ぶソ連の代表的新聞であった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラウダ
ぷらうだ
Правда Pravda

モスクワで発刊され、ロシア全土に配布される日刊紙で、1918年から91年まで、ソビエト共産党中央委員会の公式機関紙であった。プラウダはロシア語で「真理」を意味する。1912年5月5日にサンクト・ペテルブルグでボリシェビキの機関紙としてアンダーグランドで創刊された。発起人の一人はレーニンで、亡命先から同紙の編集を指導し、多数の論文記事を掲載、革命勢力の育成に力を入れた。しかし、ツァーリ政府の弾圧も激しく、たびたび発行禁止となり、何度も名称を変えて発行し続けた。14年7月、第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)と同時に編集部員が逮捕され停刊に追い込まれたが、17年の二月革命後に復刊。18年に本拠をモスクワに移し、以後、共産党の路線を擁護するきわめて重要な新聞としての役割を果たしてきた。ソ連時代の発行部数は1300万部に及んだといわれる。91年にソ連が崩壊すると、読者は激減、92年3月には一時発行が停止、経営権をギリシア人実業家・ヤンニコス兄弟に譲渡し、その後も親共路線で発行を続けていた。路線変更で利益確保をねらうヤンニコス兄弟側スタッフは95年に新たに中道的なタブロイド判週刊紙『プラウダ5』を創刊したが、不安定な経営が続き、98年7月に廃刊となった。一方、1996年7月の大統領選で共産党が敗退した後、オーナーとの対立で解任された編集長は、新たにロシア共産党の機関誌『プラウダ』(週3回発行、99年現在約5万2100部)を創刊、さらに97年にはプラウダジャーナリスト集団と名のるグループが別の『プラウダ』(週5回発行)を創刊したので、ロシアには二つのプラウダが存在している。[伊藤高史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプラウダの言及

【新聞】より

…これらの新聞は〈イェロー・ジャーナリズムyellow journalism〉と呼ばれた。
[社会主義国の新聞]
 ロシアでは多くの合法・非合法の社会主義新聞が発行され,1912年には日刊の《プラウダPravda》が,17年にはペトログラードの労働者・兵士代表ソビエトの機関紙《イズベスチヤIzvestiya》が創刊された。革命成功後,前者はソ連共産党中央委員会機関紙,後者はソ連最高会議幹部会機関紙に発展したが,ソ連崩壊後,両紙とも民間の新聞社で発行されるようになった。…

【機関紙】より

…ことに配布網を重視するという思想は,組織がまだ若く,旧体制の抑圧機構が強力であったという事情に加えて,媒体の組織化の機能にレーニンが早くから気づいていたことを示している。ロシア社会民主労働党が多数派と少数派に分裂して以降は,多数派(ボリシェビキ)は《フペリョード》を発行し,1912年には《プラウダ》が創刊される。フランスでは,1904年社会主義運動は二つに分裂していたが,ジャン・ジョレスの社会党が,当時の金額で88万フランを集めて《ユマニテ》を創刊した。…

【新聞】より

…これらの新聞は〈イェロー・ジャーナリズムyellow journalism〉と呼ばれた。
[社会主義国の新聞]
 ロシアでは多くの合法・非合法の社会主義新聞が発行され,1912年には日刊の《プラウダPravda》が,17年にはペトログラードの労働者・兵士代表ソビエトの機関紙《イズベスチヤIzvestiya》が創刊された。革命成功後,前者はソ連共産党中央委員会機関紙,後者はソ連最高会議幹部会機関紙に発展したが,ソ連崩壊後,両紙とも民間の新聞社で発行されるようになった。…

※「プラウダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラウダの関連キーワードショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ 第2番 ロ短調/piano soloリーベルマン(Evsey Grigor'evich Liberman)コリツォフ(Mihail Efimovich Kol'tsov)アレキサンダー シフィエントホフスキウラジーミル ドゥディーンツェフイェフゲーニイ プリマコーフフョードル コンスタンチノフドミートリイ シェピーロフヴィクトル アファナシエフドミートリイ ゴリュノーフワジム コジェーヴニコフレオニード イリイチョフコンスタンチン ザロトフウラジミール キセリョフニコライ ミハーイロフM.V. クプリヤノフワレンチン ユマシェフヤロスラフ1世(賢公)Y.G. リーベルマンボリス ストゥカーリン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラウダの関連情報