コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスチック成形加工 プラスチックせいけいかこう

世界大百科事典 第2版の解説

プラスチックせいけいかこう【プラスチック成形加工】

重合あるいは重縮合によって得られるプラスチックは,加工して価値のある成形品にしなければ,実用上の意味をもたない。成形以前のプラスチックは液状物,粉末,フレーク,チップ,乳濁液,分散液などの状態をとっており,それに合わせた成形加工法を適用しなければならない。またプラスチックには熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂があり,前者は溶融→賦形→冷却という物理変化で成形され,後者は賦形→加熱→硬化という化学反応を利用して成形される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

プラスチック成形加工の関連キーワードバンパー・トゥ・バンパー リサイクルプラスチック成形加工学会児玉化学工業塑性加工山形化成圧延

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android