plasma display(読み)プラズマディスプレー

翻訳|plasma display

IT用語がわかる辞典の解説

プラズマディスプレー【plasma display】

プラズマ放電を利用した薄型の画像表示装置。2枚のガラス板の間に入したネオンなどの希ガス電圧をかけて紫外線を放出し、蛍光体を発光させることで画像表示を行う。コントラストが高く、応答速度が速く、視野角が広いという特徴を持つ。液晶ディスプレーに比べて大型化が容易なため、大画面のテレビなどに用いられる。◇「plasma display panel」の頭文字から「PDP」ともいう。また、「PDPモニター」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プラズマディスプレー

気体のプラズマ放電による発光現象を利用した薄型の表示装置。ドットごとに2枚の透明電極で区切って中に放電ガスを封入し,電圧を印加してプラズマ放電を行う。一般にネオンガスを封入するため橙色に発光するが,内面に蛍光体を塗ることでカラー表示が可能。特長はコントラストが高い,反応速度が速い,視野が広いなど。近年,大画面の薄型テレビとしてプラズマテレビが急速に普及している。
→関連項目ディスプレー(工学)テレビ受像機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラズマディスプレー【plasma display】

プラズマディスプレーは,ガラス板上に印刷された透明電極の間に封入されたネオン,アルゴン,キセノンなどの放電ガスより構成され,電極間のガス放電で発光する現象を利用したものである。対向する電極の間にガスのイオン化電圧以上の電圧を加えるとガス放電を生じ,ガスの種類に応じた波長の発光をする。もっともふつうのタイプはネオンガスによるオレンジ色の発光を利用したものである。表示装置としての利用方法は,7セグメント型の数字表示用と,ドットマトリックス型の文字および図形の表示用がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android