コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラットホーム ぷらっとほーむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プラットホーム

関連用語を参照

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

プラットホーム

パッケージングされた基本となる車台シャシーと呼ばれることもあり、車種シリーズの基本形である。ステアリングサスペンションドライブトレーンを含むすべての機構部品と車両の下部構造を指す。搭載するエンジンや足回り、装備レベル、車体上部のバリエーションが異なっても、この部分が共通であれば姉妹車として取り扱われる(例えば、ヴィッツ・プラッツ・ファンカーゴ・bB・istの5姉妹車、アコード・オデッセイのセダン・ミニバン姉妹車など)。最近は、自動車メーカーのグローバルな展開に伴い、異なる国の異なるメーカーが提携して新型車のプラットホームを共同開発、あるいはライセンスを供与し、ブランドネームを変えてその国に合う車に仕立てて生産販売をするという傾向が増えてきた。

(大鹿隆 東京大学ものづくり経営研究センター特任教授 / 藤本隆宏 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

プラットホーム(platform)

《「プラットフォーム」とも》
電車・列車への乗客の乗り降り、貨物の積み下ろしのため、線路に沿って築いた駅の施設。ホーム。
大型の無人観測衛星。
車台(しゃだい)シャーシー。また、自動車の異なるモデルで共通して使われる車台を中心とした基本的な構造のこと。プラットホームを共有することで、生産費用を圧縮できる。
オペレーティングシステムハードウエアなど、コンピューターを動作させる際の基本的な環境や設定。
卓状地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

プラットホーム【platform】

〔立つための台の意〕
駅で、乗降に便利なように、線路に沿って適当な高さに築いた構築物。ホーム。
アプリケーション-ソフトを稼働させるための基本ソフト、またはハードウエア環境。
自動車生産で、異なった車種の間で共通に用いる車台。
顧客管理業務や番組情報の提供、加入者獲得のためのプロモーションなどを、委託放送事業者から受託する事業者。プラットホーム事業者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

プラットホームの関連キーワードMicrosoftアジュールプラットホームユニバーサルWindowsプラットホームアプリケーション開発プラットホームデマンドサイドプラットホームサプライサイドプラットホームソーシャルプラットホームアントワープ中央[駅]マルチプラットホームクロスプラットホームCentrino2form door全天X線監視装置test bedアプリケーションセントリーノプロ誘導用ブロックプロモーション9と3/4番線ホームロボット委託放送事業者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラットホームの関連情報