コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランクの放射法則 プランクノホウシャホウソク

2件 の用語解説(プランクの放射法則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プランク‐の‐ほうしゃほうそく〔‐ハウシヤハフソク〕【プランクの放射法則】

1900年にドイツ物理学者M=プランクが導いた、黒体からの熱放射(黒体放射)に関する法則。または振動数分布を表す公式を指す。熱放射のスペクトルは、短波長側ではウィーンの放射法則、長波長側ではレイリージーンズの放射法則に一致するが、プランクの放射法則は全波長にわたりスペクトルを正しく再現する。プランクは導出に際し、放射のエネルギーは振動数とプランク定数の積を整数倍したものに限られるという、エネルギー量子化を仮定した。これが後に、アインシュタイン光量子仮説を提唱するきっかけとなり、量子論の発展に結びついた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

プランクの放射法則の関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone