コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランクの放射法則 プランクノホウシャホウソク

デジタル大辞泉の解説

プランク‐の‐ほうしゃほうそく〔‐ハウシヤハフソク〕【プランクの放射法則】

1900年にドイツの物理学者M=プランクが導いた、黒体からの熱放射黒体放射)に関する法則。または振動数分布を表す公式を指す。熱放射のスペクトルは、短波長側ではウィーンの放射法則、長波長側ではレイリージーンズの放射法則に一致するが、プランクの放射法則は全波長にわたりスペクトルを正しく再現する。プランクは導出に際し、放射のエネルギーは振動数とプランク定数の積を整数倍したものに限られるという、エネルギー量子化を仮定した。これが後に、アインシュタイン光量子仮説を提唱するきっかけとなり、量子論の発展に結びついた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

プランクの放射法則の関連キーワードシュテファン=ボルツマンの法則サチエンドラ・ナス ボースプランクの放射公式

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android