コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランタン プランタンPlantin, Christophe

5件 の用語解説(プランタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プランタン
プランタン
Plantin, Christophe

[生]1520頃.サンタベルタン
[没]1589.7.1. ベルギーアントウェルペン
フランスの印刷,出版業者。カン市で製本,書籍販売を修業し,1549年経済,文化の中心であったベルギーのアントウェルペンで製本業を始めた。腕の負傷により,印刷業に転じ,当時アントウェルペンに栄えた版画を挿絵に使った美しいフランス語ラテン語版書籍を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

プランタン
プランタン
Au Printemps S.A.

フランスの総合卸売・小売グループ。 1865年設立。百貨店の老舗として知られてきたが,1972年にステ・アルザシェンヌ・マガサン・ポピュレールによって買収され,経営合理化と事業多角化がはかられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プランタン【Christophe Plantin】

1520ころ‐89
フランス出身の,ルネサンスネーデルラントの印刷・出版業者。オランダ名プランテインChristoffel Plantijn。トゥール近郊サンタベルタンSaint‐Avertin生れ。パリとカンで書物の製作と販売を学んだ後,1549年アントワープに居を定める。83年ライデン大学の印刷師となった以外は,終生同地で活動。彼の経営する印刷・出版所は最盛期に20台近くのプレス式印刷機を備えて,当時ヨーロッパ最大の規模を誇り,出版点数も1500点余に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のプランタンの言及

【コック】より

…ブリューゲルの素描をP.van derヘイデン,F.ヒュイスらに複製させるなど,版画による表現様式を国際的に普及させた。〈四方の風〉はプランタンの店ができるまで,主要な版画店としての役割を担った。【小池 寿子】。…

【銅版画】より

…またコルネリス・コルトがローマでアゴスティノ・カラッチを通じてアカデミズム版画の形成に寄与したように,いずれもそれぞれの土地の17世紀の版画のみならず,絵画の形成にも参画している。H.コック未亡人から原版を買い受けるなどして二十数台の印刷機を擁するヨーロッパ最大の出版業を営んだのはC.プランタンであり,彼は当時最盛期にあったスペイン植民地における教会用印刷物供給の独占権をフェリペ2世から得た。日本のイエズス会系洋風画(16世紀)の原型の大部分がアントワープ製版画に基づくのも,上記のことと無関係ではない。…

※「プランタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

プランタンの関連キーワードセリムオベロン狩場山地カレッツァ湖金春禅鳳スレイマン一世太平洋イットリウムウィーン大学ガブリエリ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プランタンの関連情報