コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリニー式噴火(読み)プリニーしきふんか(英語表記)Plinian eruption

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリニー式噴火
プリニーしきふんか
Plinian eruption

火山噴火の一形式。イタリア南部のベズビオ火山で 79年に起こった大噴火にちなむ。ポンペイを廃虚と化した噴火の情景がローマの博物学者ガイウス・プリニウス(大)と甥のプリニウス(小)によって書き残されていることから,プリニー式噴火といわれる。ポンペイの町を埋めた噴火は約 2日間にわたり,きのこ雲状の噴火雲を生じ,多量の軽石火山灰を噴出した。山体の主要部は失われ,外輪山にあたるソンマ山が残った。プリニー式噴火は,噴煙柱を形成する激しい噴火で,噴煙成層圏まで達し,大量の火山灰やスコリアなどを放出する。火砕流を伴うこともある。安山岩質から流紋岩質マグマの火山で発生するが,まれに宝永富士山噴火のように玄武岩質マグマの火山でも発生することがある。(→爆発的噴火

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プリニーしき‐ふんか〔‐フンクワ〕【プリニー式噴火】

大量な軽石・火山灰を放出する大規模な爆発的噴火。ストロンボリ式噴火より規模が大きく、しばしば成層圏に達する噴煙柱を形成し、広範囲に噴出物が堆積する。火砕流を伴うこともある。名称は、大小プリニウスが記録した紀元79年のベスビオ火山に由来。日本では、富士山南東斜面の宝永山浅間山がその例。プリニアン噴火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

プリニー式噴火【プリニーしきふんか】

多量の軽石・火山灰を放出する爆発的な火山噴火のこと。放出された火山灰などは風下側に広く堆積して広範囲に被害を及ぼす。噴煙の高さは数万mに及ぶこともある。名称は,イタリアのベスビオ火山が79年にこの様式の噴火をしたとき,プリニウスによってその詳細が観察・記録されたことによる。この時の噴火でポンペイの町が降下火山砕屑物によって埋めつくされた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のプリニー式噴火の言及

【噴火】より

…その代表的な例をのべる。通常の爆発的噴火としてはストロンボリ式噴火,ブルカノ式噴火,プリニー式噴火があり,この順に噴火の強度と規模が大きくなる。ストロンボリ式噴火は地中海のストロンボリ火山で過去2000年以上特徴的に見られる様式の噴火で,玄武岩質のマグマが数秒~数十分の間隔で規則正しく火口から投げ出され,弾道を描いて火口周辺に落下することを繰り返す。…

※「プリニー式噴火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android