コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリニー式噴火 プリニーしきふんか Plinian eruption

4件 の用語解説(プリニー式噴火の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリニー式噴火
プリニーしきふんか
Plinian eruption

火山の噴火の一形式。イタリア南部のベズビオ火山で 79年に起こった大噴火にちなむ。ポンペイを廃虚と化した噴火の情景がローマの博物学者ガイウス・プリニウス(大)と甥のプリニウス(小)によって書き残されていることから,プリニー式噴火といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プリニーしき‐ふんか〔‐フンクワ〕【プリニー式噴火】

大量な軽石・火山灰を放出する大規模な爆発的噴火ストロンボリ式噴火より規模が大きく、しばしば成層圏に達する噴煙柱を形成し、広範囲に噴出物が堆積する。火砕流を伴うこともある。名称は、大小プリニウスが記録した紀元79年のベスビオ火山に由来。日本では、富士山南東斜面の宝永山浅間山がその例。プリニアン噴火

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プリニー式噴火【プリニーしきふんか】

多量の軽石・火山灰を放出する爆発的な火山噴火のこと。放出された火山灰などは風下側に広く堆積して広範囲に被害を及ぼす。噴煙の高さは数万mに及ぶこともある。名称は,イタリアのベスビオ火山が79年にこの様式の噴火をしたとき,プリニウスによってその詳細が観察・記録されたことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリニー式噴火
ぷりにーしきふんか

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプリニー式噴火の言及

【噴火】より

…その代表的な例をのべる。通常の爆発的噴火としてはストロンボリ式噴火,ブルカノ式噴火,プリニー式噴火があり,この順に噴火の強度と規模が大きくなる。ストロンボリ式噴火は地中海のストロンボリ火山で過去2000年以上特徴的に見られる様式の噴火で,玄武岩質のマグマが数秒~数十分の間隔で規則正しく火口から投げ出され,弾道を描いて火口周辺に落下することを繰り返す。…

※「プリニー式噴火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プリニー式噴火の関連キーワード軽石流ブルカノ式噴火火山爆発火砕丘火山雷火山灰流火山放出物エフラタム火山礫質火山灰ガス火山区

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プリニー式噴火の関連情報