コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリンキピア・マテマティカ Principia Mathematica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリンキピア・マテマティカ
Principia Mathematica

イギリスの哲学者,数学者ホワイトヘッドラッセルの共著による数学書。3巻,1910~13年刊。論理主義学派の基本的かつ記念碑的な書物。彼らは数学を論理学の一部門と考え,記号論理学の成果に基づき,論理的概念 (記号論理) によって数学を基礎づけることを試みた。本書の根本的な問題点は,逆理の問題であり,その解決法として還元公理,無限公理などが提出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プリンキピア・マテマティカの関連キーワードホワイトヘッド(Alfred North Whitehead)数学基礎論ゲーデル選言命題

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android